バイマーヤンジンの日記です


by yangjin1
カレンダー

2011年 03月 12日 ( 1 )

本当に怖かった!!!

実は、私は昨日東京におりました。
㈱JR東日本様のお招きでお伺いしました。

午後3時から講演が始まるので
地震が起きたときには、
すでにお化粧もでき、民族衣装にも着替えて、
準備万端で待っているところでした。

なんの前兆も無かったうえ、
人生の中で経験したことのなかった
大きな揺れでしたので、
私はパニックになってしまいました。

阪神淡路大震災も
実家がある吹田で経験をしましたが、

寝ぼけていたときの出来事でしたので、
なにがあったのか、
しばらく反応できなかったのでした。

しかし、昨日は違いました。
揺れが徐々に激しくなっていくのを、
身も心もはっきり感じていったので
本当に恐ろしかったです。

なぜか恐怖の中で
NZ大地震で崩壊したビルの様子ばっかり
頭をよぎりました。

もしかしたら、あかんかも・・・とまで思いました。

しかし、主催者の皆様、ホテルの従業員の皆様は
素晴らしかったです。

さすがサービス業で鍛えられた精神力です。
とても落ち着いた対応をしてくださいました。

私はとにかくホテルから出ようと思いましたが、
出たほうが危険だということも
初めて教わりました。

「講演会は予定通りに」との主催者様の指示通り、
しばらくして落ち着くと
私はステージに立っていました。

しかし、その直後に
1回目の大きな余震がやってきたのでした。

あぁ!
これはもう絶対無理でしょうと思いましたが、

主催者様とお客様を無視して
会場から出るわけにはいけません。

結局、講演を最後まで続行しました。

夜になって
ホテル側がようやく廊下でテレビを用意して下さいました。

大津波で、ここまで甚大な被害を出ているとは・・・

愕然としました。


同じホテルで卒業式をしていた
ある学校の親御さんもいたため、
部屋は取れなく、
一晩中、控え室と廊下で過ごしました。

朝6時になって
徒歩と運行しはじめた地下鉄を利用し、
なんとか東京駅にたどり着きました。

新幹線はグリーン車まで満席の状態でしたが、
主催者様のおかげで
なんとか大阪に帰ってくることができました。


関西、九州など西日本にいる皆様も
今回の地震に驚いていることでしょう。

テレビの報道を見ながら、
ただただ悲しんでいるのではないでしょうか。

私は今まで
ほぼ壊滅した陸前高田市をはじめ
岩手、宮城、青森、八戸など
何度もお伺いしたことがあります。

知り合いも、知人も、
お世話になった方々もたくさんいらっしゃっいます。

しかし、誰ひとりとも連絡がとれません。

本当に心配でたまりません・・・

祈っても、祈っても、
災害が拡大している一方です。

私は一体なにを
どうすればいいのでしょうか?

本当に悲しいです。
[PR]
by yangjin1 | 2011-03-12 22:57