バイマーヤンジンの日記です


by yangjin1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:チベット訪問( 3 )

チベットツアー その3


成都空港でツアーの皆様と合流し、

次の日(9月19日)にラサに入りしました。


私自身、ラサは2年ぶりです。


空港では大した変化は感じなかったのですが、

ラサ市内の変わり様には本当に驚きました!!!


後に、その驚きが深い深い悲しみへとなっていきました。


ポタラ宮殿前の広場も、ジョカン寺前の広場も

鉄の柵で囲まれ、中に入ろうとすると

空港と同様のボディチェックを

受けなければいけません!


観光客はともかく、

毎日朝晩お参りに行く地元の人々の気持ちを考えると、

ものすごく腹が立ちました。


その上、町中に100メートルほどの間隔で、

警官の詰め所が無数に設置されていました・・・


いろいろと心の準備はしてきたつもりでしたが、

あまりにも異様な光景に、

これは前途多難だと感じずにはいられなかったです。


しかし、

「どんな困難があろうと、ここに来た目的は必ず達成しよう!」と

心から強く決心しました。
[PR]
by yangjin1 | 2012-10-20 23:26 | チベット訪問

チベットツアー その2


「チベットツアー」と書いていますが、

本来のツアー名は

「バイマーヤンジンと行く

チベットの小学校訪問の旅」でした。



徳島大学の先生方と学生さんがメインになって、

いろんなおもしろい実験を披露し、

それを通して、チベットの子供たちに

物理と科学のおもしろさや素晴らしさを

教えるツアーでした。



きっかけは

朝日放送の「おはようパーソナリティ道上洋三です」

というラジオ番組です。



私がその番組にゲスト出演をしていたとき、

今回のツアーの団長でもいらっしゃいます

徳島大学大学院工学部の村上教授が

聞いてくださったのが

全ての始まりでした。



「チベットの子供たちに

おもしろい実験を通して、

物理や化学を身近に感じて欲しい」

それが私の長年抱いていたひとつの夢でした。



私の高校時代は、

一応物理や化学の授業もありました。

しかし、実験というのがほとんどなかったため、

理科というと、

とても難しくて、理屈っぽくて、

理解しにくい!ものでした。



しかし、日本で初めてテレビから

でんじろう先生がやっている実験を見て

とても感激しました。



チベットの子供たちにも是非見せてあげたい!

そう強く思ったわけです。



宇宙飛行士、ケーキ屋さん、野球選手、アイドル歌手などなど、

日本の子供たちは、

多彩な夢を持っています。



しかし、チベットの子供たちは、

先生か、お医者さんかの二つだけです。



いろんなことを体験したり、

身近で見たり、聞いたり、触れたりすることが

できないからだと思います。



チベットの子供たちにも、

ぜひぜひ視野を広げるチャンスを!

そして、もっともっと豊かな想像力で

さまざまな夢に挑戦して欲しいと強く思っていました。



そのために

今回のツアーを企画しました。
[PR]
by yangjin1 | 2012-10-17 21:30 | チベット訪問

修業の旅! その①


今回の「チベットツアー」に参加された

ある友人から

「チベットに行く。

 それは修業に行くと言うことですよ」

と言われました。



え?! そこまで ?

正直、最初はちょっと言い過ぎなのではと思っていました。



しかし、それが本当に現実になるとは・・・



いつもなら、

私自身は故郷チベットに帰ると、

まず、その雄大な懐かしい風景に心身とも癒され、

また大家族の愛情に思い存分甘え・・・



そうすると、だんだんと

日本では、せかせかしている自分の心が、

豪雨の後の晴れわたる空のように、

静かに、静かに、

また透明になっていくのでした。

正直修業とは一度も思っていませんでした。



しかし、今回は本当に違いました。



修業のどころか、

ものすごい戦いの旅となってしまいました。



10日間ほど早く中国入りしていた私には

たくさんの方から

「あなた、なんでこの時期に日本の方を中国に、

 それも9月18日に、北京経由で」

と聞かれました。



正直答えようがない!

だって、逆に皆さんにも聞いてみたいのですが、

今現在、これから1年間の予定を立てるときに、

この日、歴史上、どこかでなにが起きたかを確認しますか?

・・・・・・!でしょう。



だから、9月18日、私は当たり前のように、

日本から来られるツアーの皆様を出迎えるため、

成都の双流空港に出かけました。



空港には、四川の現地ガイドさんも来ていました。



彼に挨拶をしにいくと、

「各地で大規模な反日デモをしているので、

 準備してきた歓迎の横断幕をやめます。

 そして、ヤンジンさんにお願いですが、

 お客さんが出て来た時、日本語でしゃべらないように。

 とにかく速やかに空港を出て、

 バス乗り場に行くようにしましょう」

と言うんですね。



正直

「この人、なに言ってねん?」

って思いました。



別に横断幕なんかはあげなくてもいいのですが、

はるばる日本から来られた日本の方々に

日本語でしゃべらないこと!!!だって?

じゃ、中国語で挨拶しなさいってこと?

「あなた、頭がおかしいのか?」と思うほどに

腹が立ってきました。



日本人の大切なお客さんを迎えに来ているのに

そのうえ、別に私たちが何か悪いことしたわけでもないのに、

どうして、そんなにびびってんの?

訳が分からんわ!!!!!!!!



ですから

皆様が出て来られたとき、

私はとびっきりの笑顔!で、

堂々と、そしてはっきりとした日本語で

加えて非常に大きな声で、

ご挨拶をさせていただきました。



つづく。
[PR]
by yangjin1 | 2012-10-09 23:05 | チベット訪問