バイマーヤンジンの日記です


by yangjin1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

明日から出発します!

今年の学校建設現地調査のため、
明日からチベットに行ってまいります。

できるかぎり現地からブログ“日記”の更新を
したいと思っています。

また、時々覗いてみてくださいね。
但し、HPのトップは更新されませんが・・・

9月中旬には必ず帰国いたしますので、
詳細はそのとき、またご報告させていただきます。

日本はこれから一番暑い時期を迎えますが、
どうぞ夏風など召しませぬように
ご自愛くださいませ。

では、行ってきまーす!
[PR]
by yangjin1 | 2009-07-31 22:06

可笑しかった!

二つの話ですが、そのひとつは
きのうの日記に「ママ、遊ぼうよ」という
息子の一言がありましたが、
その「遊ぼうよ」という言葉をローマ字で打ち込んだら、
なんと仰天するほどの漢字が出てきました。

ひとつは「麻生亡羊」
もうひとつは「あ祖母よ」でした。

おかしくて、おかしくて・・・
メモまで取ってしまいました。

しかし、確かに中国では「亡羊補牢」と言う熟語がありますが、
まさに今の麻生政権を表している言葉だと思いました。

二つ目は今朝の出来事です。

きちんとたたんだ洗濯物をソファーの上に置いたのですが、
息子はそれを全部畳に落として、
そのうえ「ママ、見てみ」と自慢げに言うのでした。

「そんな悪いことする子は、もういや!」と叱りました。
そうすると
「え!なんで?!」と不思議な顔で聞いてきました。

「悪いことするから」と厳しい表情で言いました。

「え!悪くないよ!ぼくはいいやつなのに、なんでいやなの?」
(“いいやつ”!え?!そんな言葉どこで覚えたんでしょう、正直びっくりしました)。

しかしそれても、表情を変えず、しっかりと言い聞かせました。
「だって、ママがせっかく畳んだ洗濯物をぐちゃぐちゃにして、ママを困らすから」

すると、
「ママは困くない!ぼくをいやくない!」と大声で泣きながら抱きついてきました。

あまりに真剣な顔と可愛い日本語だったので、
思わずママが折れてしまい、しっかりと抱きしめてしまいました。

こんな可愛い我が子を、これ以上叱るなんて、
無理ですよね!
[PR]
by yangjin1 | 2009-07-30 23:01

いちおう夏休み!!

昨日は「東京社会保険労務士協同組合」様
設立10周年の講演会にお招き頂き、
行ってまいりました。

あまりにも緊張したせいでしょうか、
そのうえ、時間を気にしてしまい、
話をするのに集中力がかけたり、
活舌が悪かったりして、
申し訳なく思いました。

しかし、会員の皆様はとても優しくて、
温かく見守ってくださいました。
大変熱心に、なおかつ明るく最後まで
私の拙い話を聞いてくださいました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

これで私もいったん“夏休み”に入りますが、
8月1日には、今年の学校建設現地調査のため、
チベットに出発しなければなりません。

そのため、きょうは朝早くから荷造りに取り掛かりました。
息子に何度も「ママ、遊ぼうよ!」とラブコールされ、
結局、一日かかってしまいました。

明日と明後日は、全身全霊で、
今まで溜まっている皆様へのお返事とお礼状を
書かせていただきます。

そして出来れば、
暑中見舞いも書きたいなあと思っております。

集中豪雨と竜巻で大変被害を受けている
地域もありますが、
皆様のところは大丈夫でしょうか。
ご無事を祈っております。
[PR]
by yangjin1 | 2009-07-29 23:30

初めての個別面談!

今週から我が息子は夏休みに入りましたが、
そのちょっと前に、幼稚園の個別面談に行ってきました。

いろいろと息子の活躍を楽しく聞けるのではと楽しみにしていました。

が・・・身の引き締まるような思いで帰ってきました。

以下は、先生からお聞きしたことと、ママ(私)の言い訳(かな?!)です。

1. 「組み合わせたオモチャを振り回したりする」
 
   ウルトラマンやシンケンジャーなどの
  ヒーローもののテレビの見すぎだと反省しました。
 息子の頭の中は、常に戦うことでいっぱいのようです。
 よく「僕の勝ち」って叫んでいるぐらいですから。
  これから絶対に注意します。

2. 「たまにお友達が作ったものを壊したりする」
 
   大変負けず嫌いですので、そういうときは
 きっと負けたときの行動ではないかと思います。
 今はママと“ジャンケン”することで、
 勝負、競争についても勉強させています。
 あと人生の中で負けることもあることを
 言い聞かせています。

3. 「好き嫌いがあるみたい。特にお野菜がいやみたい」

   野菜嫌いというよりも、大の肉好きです。
 チベット人の遺伝でしょうか。どうしょう。

4. 「食べさせないと食べないときがよくある」
  
   これはそのとおりです。私の責任です。
  息子があまりにも少食なので、少しでも食べさせようと
  ついつい私がスプーンを握ってしまいます。反省しています・・・
  でも今日もやってしまいました。

5. 「みずきちゃん以外のお友達の名前も覚えて欲しい」

   母である私も同感です。
 でも、この点に関しては、幼稚園までついて行く訳にはいかないので、
 先生にお願い出来たらいいなと思います。

6. 「給食のとき、よく眠ってしまう」

   実は、この点は私の子育ての中でも、二番目ぐらい大きな悩みです。
 息子には申し訳なく思っています。
 私は仕事をしているため、お昼はほとんどおばあちゃんと一緒にいます。
 ですから、たとえ帰りが遅くなっても、必ず息子と一緒に遊ぶことを
 大切にしています。
 そのせいでしょうか、息子の体内時計がずれてしまいました。

 ママが一番好きな「ママっ子」なので、晩は遅くなっても起きていて、
 私が仕事から帰ってくるのを待っているのです。
  ママが帰ってくると、どんなに遅くなっていても、
 さあ「遊ぼう」という感じになってしまいました。

 幼稚園生活を始めたのをきっかけに、何とか直そうと思いましたが、
 入園早々4月から一ヶ月以上も海外に行ってしまいましたので、
  一学期はほぼ進展なしでした。

  9月から全力で取り組もうと思います。

  息子の健康のためにも頑張ります!

7. 「最近になってやっとちょっと落ち着いてきました」。

   本当によかったです。
   先生方のおかげだと感謝しています。

子供(特に男の子)は、腕白なほうがいいとよく聞きますが、
 もし幼稚園にご迷惑をかけるようであれば
  もっとしっかりとしつけをしていかなければいけないと思いました。

   とにかくこれからは人一倍子育て(しつけ)に取り組んでいきます。
[PR]
by yangjin1 | 2009-07-25 23:53

昨日

お盆の間はチベットに行っておりますので、
昨日の休日を利用し、
昨年7月3日に93歳で大往生をしました、
曾ばあちゃんのお墓参りに行ってきました。

7年間、我々の大阪の家で
同居していましたが、
曾じいちゃんのお墓が徳島にあるので、
曾ばあちゃんも故郷に帰りました。

徳島は曾ばあちゃんを引き取ってから、
毎年行っておりましたが、
やはり遠いですね!
特に行くときに、渋滞に巻き込まれたので、
往復実に7時間以上もかかってしまいました。

でも我が家族にしたら、
年間一番大きな行事ですので、
思い通りにお参りできて、ほっとしています。

今から急いで名古屋の講演会に行ってきます!
[PR]
by yangjin1 | 2009-07-23 12:34

休みのはずでしたが!

17日、必死の祈りもむなしく、
結局悪天候の中、島根に行ってまいりました。
無事に仕事の約束を果たしたのは良かったのですが、
往復に乗ったプロペラ機の揺れの恐怖に
疲れ果ててしまいました。

本当は、17日は来日15周年の記念日だから、
少しでも自分の思いを書きたいと思いました。

しかし、家に着いたときは、ほぼ放心状態でした。

18日から我が息子は夏休みに入りましたので、
ママにくっついて離れません。
仕方がなく、逃げ出すように近所の喫茶店に出かけ、
原稿を書きました。

そのうえ、拓殖大学の学生から提出された
レポートへの評価は
実に時間がかかってしまいました。

本来は、この二日間は休みのはずでしたが、
実質上、仕事日よりも忙しかったです。

明日は久しぶりに福井県でコンサートを
させていただきます。
来日15周年の記念コンサートとして
思い一杯歌わせていただきたいと思います。
[PR]
by yangjin1 | 2009-07-19 23:43

この2日間!

昨日は茨城県にある
江戸川学園取手中・高等学校に行ってきました。
今回で三回目になりますが、
前の二回は高校生とそのご両親が対象のコンサートでした。
今回は中学生の皆さんに講演をしてきました。

毎回思うのは、この学校の子供たちはなんて生き生きしている
んだろうということです。
とても素直で、賢くて、また可愛い子ばっかりでした。

先生方の感じもとてもよかったです。
特に副校長先生は、外見的には今の河村官房長官にすこし似ていて、
とても真面目で、優しい方でした。

校長先生も、私にはもちろんとても優しかったのですが、
生徒たちにとっては、きっと厳格な先生だろうなと思いました。

子供の数が減っている中、
この学校はなんと中学部だけで1000名近くの生徒さんが在籍しています。
遠いところから通っている子もいらっしゃるので、
なんと学校に寮もあるそうです。

この辺はちょっとチベット遊牧民風?!

この学校に来られた子供たちは大変勉強されたと思いますが、
ご両親もきっと必死に頑張って働いていると思います。
親も子も、目標があって、夢があって
素晴らしいなあと思いました。

今日は久しぶりに仕事が休みで、
我が息子の幼稚園の個別面談に行ってきました。
これについては後日感想を書きたいと思います。

明日は島根県の松江に行ってまいります。
経営者対象の講演会です。
プロペラ機で行くので、よい天候であることを祈っています。
[PR]
by yangjin1 | 2009-07-16 23:15

ハスのお花

昨日は東広島市立志和中学校で
講演させていただきました。

東広島市と言っても、新幹線の東広島駅から
車で30分ぐらい離れていて、
大変美しい自然に囲まれた町でした。

生徒数は156名でしたが、
女子生徒も、男子生徒も
一人一人がとても真面目で、爽やかで
本当に可愛い子ばっかりでした。

c0162404_22444448.jpg私の名前の由来をご存知の校長先生は、
なんと事前に、自らわざわざ泥沼に入り、
写真通りの美しいハスの花を採ってきてくださいました。

真心のこもった歓迎には本当に感激致しました。
一生忘れることはないでしょう。

講演後は、お礼に吹奏楽部の生徒さんから
すばらしい演奏もしていただきました。


本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。
[PR]
by yangjin1 | 2009-07-10 22:45
今日は静岡県現職・退職女性校長会の“七夕会”で、
講演をさせていただきました。

さすが長年学校という教育現場で頑張ってこられた方々だと、
皆様の熱心さにものすごく感激致しました。

大先輩の皆様方に私の教育への思いを聞いていただき、
本当に嬉しくて、またありがたく思いました。

私のほうこそ、素晴らしいエネルギーを頂いた感じがしました。
本当にありがとうございました。

実は、明日は千葉のある会社で、9回目の講演をさせて頂きます。

本来は今晩東京に泊まった方が楽ですが、
やはり、どうしても我が息子のことが気になりますので、
日帰りで、家に帰ってきてしまいました。

体は少々疲れますが、
やはり我が子を抱っこして寝るほうが、
なによりも心が安らぎます。

明日はまた朝の新幹線で、まず東京に向かいます。
そして、東京駅から千葉の会社までは更に一時間ぐらいかかります。

頑張ります!!!
[PR]
by yangjin1 | 2009-07-05 22:08

最近撮った写真です

c0162404_2013389.jpg拓殖大学副学長の高橋先生とのツーショットです。
私の今までの物理学者様へのイメージと言いますと
無口で固い感じでしたが、
高橋先生はとても優しくて、明るい方でした。
たくさんの素晴らしいお話をしていただき、講義前の緊張感がとても和らぎました。




c0162404_20161216.jpg皆さんもきっと「鮎」と思ったことでしょう。
しかし、違うのです。
これはなんと和菓子です。
京都のある方から頂きました。
その道を極めた日本人の職人さんの見事な技に本当に感激しました。




c0162404_20182760.jpg二度目の秋田県です。
今回は秋田銀行大舘支店様にお招きを頂きました。
110周年という大きな節目の記念講演会をさせて頂きました。







c0162404_20212392.jpg講演後、日の丸を背負って歌わせていただきました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。








c0162404_20235955.jpg島根県三隅町での講演会です。

現在は隣の浜田市と合併しましたが、ここには石正美術館という素晴らしい美術館があります。
6年前、この美術館のお招きで、三隅中学校の音楽ホールでコンサートをさせていただきました。
そのときの担当者様から下記のようなメールを頂戴し、今回もまたお招き頂きました。

***************
 バイマーヤンジン様 長らくのご無沙汰をお許しください。
 2003年12月21日当館にお越しいただいて以来、早くも5年以上が経ってしまいました。あの日三隅中学校の音楽ホールに集まった265名は心から感動しました。
 物をもたない人々の苦悩と物にあふれている人々の苦悩がおかしく、そしてせつなくて。コンサートがすすむにつれて拍手が大きくなり、最後の曲が終わったのち、本当に心から「もう一度聞きたい」という皆さんが大きな拍手をしました。バイマーヤンジンさんはそれに応えてくださいました。
 今でも、あの日の歌のこと、お話しのことが話題になります。
 あの日以来、なんとか再び当地にお呼びできないものかと考えていました。このたび、6月の人権の集い(第20回三隅自治区人権を考える集い)を実施するに際して、是非ともバイマーヤンジンさんにお越しいただきたいと思い、会議で提案しましたところ、委員の多くが賛同しました。
*************** 

私って本当に幸せ者だと改めて思いました。
感謝せずにはおられません。
[PR]
by yangjin1 | 2009-07-03 20:34