バイマーヤンジンの日記です


by yangjin1
カレンダー

<   2010年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

東かがわ市!

今日は東かがわ市にお招き頂いて、
人権コンサートをさせて頂きました。

この地域は合併する前、
大内町という名前でした。

私は大内町様には大変感謝しています。

なぜかといいますと、
実は、私が初めてチベットの子供たちを
日本に呼んだとき、
この大内町様が保証人になって、
ここのライオンズクラブ様をはじめ
町全体で応援してくださったからです。

4泊5日のうち、
地元の小中学校にお伺いしたり
高校生とバーベーキューをしたりして
交流をさせて頂きました。

そして、今日出演したホールも
当時来日した子供たちがチベットの踊りや歌を
披露をさせて頂いた思い出の場所です。

特に、海を見たことのない子供たちが
朝起きて、目の前に広がる一面の青い海を見て
はしゃいだり、大声を出して喜んだりしていました。

あのときの姿がはっきりと
目に浮かんできまして、
本当に感無量でした。

当時小学生だった子供たちも、
今では高校生になり、
私より背が高くなってしまいました。

しかし、7年経った今もなお
日本での貴重な体験を忘れていません。

招いて本当によかったなぁと
今でも思っています。

その時お世話になりました皆様が
今日もわざわざ会いに来てくださいました。

大内町の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
[PR]
by yangjin1 | 2010-02-27 23:25

取材

昨日は日経BP社の取材がありました。

「DAZZLE」と言う会員向けファッション雑誌で、
3月25日発行だそうです。

そのときの写真が送られてきました。

さすがプロのカメラマンですね!
とても気に入りましたので、
UPさせていただきま~す。

c0162404_23464610.jpg

















取材をして頂いた志村様との記念写真です。
事務所の裏の公園で撮影しました。
カメラマンの野地康之様、本当にありがとうございました。

------------------------------------------------

2月2日に講演しました愛知県の小信中島小学校からも
写真が送られてきましたので、ご紹介させていただきます。

c0162404_2349969.jpg












寒い中、子供たちが一生懸命話を聞いてくれたこと
今でもはっきり覚えています。

c0162404_2351311.jpg












講演後、花束を贈呈してくれたかわいい二人の女子生徒です。

写真をご提供いただきました山口先生、ありがとうございました。
[PR]
by yangjin1 | 2010-02-25 23:53

失笑してしまいました!

昨日からある議員さんの発言で
大変な波紋をよんでいるようです。

ある地域を「日本のチベット」と言っただけで・・

その言われたほうが
なんと「侮辱するな!謝罪をしてほしい」と
憤りを感じているらしいです。

本当に驚きました!!!

例えるほうも確かに失礼だったかもしれません。
しかし、「侮辱するなよ」といっているほうが
もっとひどいことを言っていることに気づいてほしいですね。

本来ならば、
チベットも、チベット人も全く関係ないのに・・・

本当に失笑してしまいました。

実は、今まで私はこれ以上のひどい例えや話を
何度も目の前で言われたことがありました。

しかし、相手の無知からくる
悪気のない無礼を許すのも、

人間が成長していくうえでの修行だと思っています。

まぁ~、もしどうしても
一言いわなければいけないとしたら、

正直、あんなレベルの低い論争には
私の尊い故郷を巻き込んでほしくない!!
[PR]
by yangjin1 | 2010-02-24 23:19

今日の出来事

今日はわが息子の年少組での最後の発表会でした。
ですから、前から休みをとっていました。

主人は忙しくて行けなかったので、
ひとりでビデオを撮るのに精一杯。
残念ながら、ここで紹介できるような写真は撮れませんでした。

わが息子はあまりにもかわいいので
家にいるときはたとえ少々行儀が悪くても、
そんなに気にしませんでした。

しかし、幼稚園のお友達の中にいると
やはり目立ちますね!

今日は本当にどきどきしました。

特に出番を待っている時なんか
ほかのお友達は皆じっとしているのに
わが息子だけが、ヨガでも練習しているように
体をぐにゃぐにゃしながら遊んでいました。

クラス全員で歌をうたっている時は
もっとびっくりしました。

普段、ウルトラマンの歌でしたら
あんなにも大きな声で歌うのに、
どうしたのよ、わが息子?!
幼稚園の歌は完全に口パクじゃないですか!
一応、君のママは歌手ですよ!

もうちょっと期待に応えてほしかった!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、その後、
ママはもっとひどいミスをしていたことに気づきました。

自分の記憶では昨年のことだと思っていました。
一時期あまりにも胃の調子が悪かったので、
胃カメラの検査と腹部のエコー検査を受けていました。

けれども、その後、あまりにも忙しかったので、
なかなか結果を聞きにいくことができませんでした。

先週また胃の調子がおかしくなったので、
結果をまだ聞いていないことを思い出しました。

今日の午後、病院に行ったら、
受付の方にも先生にも笑われました。

その検査を受けた日が
実はなんと2008年の11月20日だったのです。

私もどうかしていますね。

まあでも異常はなかったので、
よかったですが、
すでに1年と3ヶ月もたってしまっています。
[PR]
by yangjin1 | 2010-02-23 23:47
昨日でやっと2月の山場を越えたと思います。

ここ一週間全く休まずにきました。
絶対に風邪を引いてはいけないと、
喉を守るのも必死でした。

滋賀、三重、静岡、岐阜、名古屋、青森、大阪と
本当に走り回りました。

しかし、どこへ行っても、
一番よく耳にするのは経済不況の話です。

にもかかわらず、これほどお仕事を頂いている自分は、
本当に幸せだと思います。

お招きを頂きました主催者様にも
感謝の気持ちでいっぱいです。

今日からは、時間的に少し余裕が出てきましたので、
また、ここで皆様にいろいろなお話をさせていただきます。

いつも遊びに来ていただきまして、
本当にありがとうございます。

最後に、このあいだ撮りましたいくつかの写真をご紹介いたします。

c0162404_03326.jpg













スーパーマーケットの平和堂系列会社の経営セミナーで
講演させていただきました。

c0162404_0345782.jpg













青森問屋町経営同友会会長が経営するレストラン“ドゥクロッシュ”で
昼食をご馳走になりました。

c0162404_0364920.jpg













入り口を入ると、とても暖かい本物の暖炉が迎えてくれました。

c0162404_038433.jpg













日差しがふりそそぐとてもおしゃれな店内です。
ベテランのシェフが作る本格的なフランス料理は本当においしかったです!!
私もファンになりました。
もし青森を訪れることがありましたら、是非お立ち寄り下さいませ。
ホームページはこちら

c0162404_0415799.jpg













左から青森問屋町経営同友会会長の足立様と講演会ご担当の小田切様。
お二人ともとても優しくて、よく気がきく紳士です。

c0162404_0434453.jpg













晩の青森問屋町経営同友会主催の講演会は満席でした。
お越しいただいた皆様に心から感謝申し上げます。
ある方には
「70年間生きてきて一番感動したのは、今日のあなたの講演です」と
おっしゃっていただきました。
涙がでるほどうれしくて、ありがたく思いました。
これからも努力を惜しまず、精進していこうと心から誓いました。
[PR]
by yangjin1 | 2010-02-22 23:30
オフィス ヤンジンの齋藤です。
バイマーヤンジンが来日15周年のコンサートを
ゴールデンウィークの5月3日にいずみホールで行います。
来日15年の集大成として、ヤンジンも全身全霊で歌わせていただきます。
皆様のご来場を心からお待ちしております。

c0162404_14182658.jpg































日時
2010年5月3日(祝・月)
開場/13:00 開演/14:00
会場/いずみホール(クラッシック音楽専用ホール)
  アクセスはこちら
主催:ダイナミックオーナーズ会
共催:オフィス ヤンジン

入場券 3,000円
※小学生よりご入場いただけます

チケットはオフィス ヤンジンで取り扱っています。
☆おかげさまで、チケットは完売しました!
  ご購入いただいた皆様、ありがとうございました!


☆チケットご希望の方は
オフィス ヤンジン
電話:06-6871-5561 
FAX:06-6871-5562
e-mail:info@yangjin.jp
のいずれかでご連絡ください。
すぐにチケットをお送りいたします。

☆FAX、メールでご注文の場合は
郵便番号、住所、お名前、電話番号、(FAXの方は+FAX番号)
チケット枚数をご記入ください。
これを参考に、チケットとお振込用紙をお送りいたします。

※このチケットは、コンサート当日12:30より会場にて座席券と引き換えます

********************************
オフィス ヤンジン(OFFICE YANGJIN)
代表 齋藤秀樹
〒565-0862 
大阪府吹田市津雲台1-2-D9 南千里ビル3F
電話:06-6871-5561 FAX:06-6871-5562
e-mail:info@yangjin.jp
ホームページ:http://www.yangjin.jp/
********************************
[PR]
by yangjin1 | 2010-02-15 14:31
皆様、あけましておめでとうございます!
今日は我々チベット人のお正月です。
チベット暦で言いますと、なんと2137年1月1日です。

今では私の故郷の生活も、
少しずつではありますが、よくなってきました。
テレビがある世帯も増え、食卓もずいぶんと豊富になり、
大体の家庭は楽しく過ごせるようになりました。

しかし、私の小さい頃は
テレビどころか電気すらなかったです。

そのうえ食べ物もかなり限られていて、
新しい服すら着れない年がありました。

けれども、その貧しい生活の中で、
両親を含め親たちも一生懸命考えたのでしょう。
思い起こせば、私たち子供たちに
楽しい思い出をたくさん残してくださいました。

例えば
昔は大晦日でも大したご馳走はなかったのですが、
大麦の粉をお湯でねって、直径2センチほどの団子に丸め、
それを「チュラ」というざらめの干しチーズと一緒に煮込んだ
「ザムツォ」という料理を食べていました。

普段、団子の中にはなにも入れませんが、
大晦日の日だけはいろいろと工夫をします。

団子を靴のような形にねったり、
団子の中にもいろいろなものを入れたりします。
塩など食べられるものならまだいいですが、
墨を入れたりもします。
そう聞くと、日本の皆様はびっくりされるかもしれませんが、
それには意味があるのです。

占いとまではいきませんが、
それに近い感覚で、家族皆盛り上がります。
団子をかじるたびに、「うっ」「えっ」「げほっ」と
家中に声が響き渡ります。

塩があたった人は、短気。
唐辛子があたった人は情熱的。
砂糖があたった人は優しくて、
墨があたった人は腹黒いそうです。

また、帽子の形があたった人は出世し、
靴の形があたった人は必ずラサに巡礼にいけると
いわれています。

皆自分のお椀の中はさておいて、
他の人のお碗になにが入っているか
興味津々です。

誰かが「あ!!」と高い声を出すと、
皆が一斉にその人を見つめ、
墨があたった人が現れると、大騒ぎになります。

腹黒の人には罰ゲームがあります。
次の日の朝、一番早く起きて
水汲みに行かなければならないのです。

このように電気がなくても、
バターランプの灯火しかない薄暗い中でも、
一種類の食べ物しかなくても、
我々はとても楽しい大晦日を過ごしてきました。

ご先祖様が工夫して、貧しい生活の中でも、
我々に楽しい思い出を作ってくれました。
今になっても本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

我が主人も一度食べたことがあるのですが、
なんとお塩があたりました。
少々短気な主人にはぴったりでした。

ちなみに私はお砂糖。
口はきついけど、心は優しいのです。

私の田舎では団子でしたが、
今では「モモ」というチベットの餃子でも
することが多くなってきています。
[PR]
by yangjin1 | 2010-02-14 23:35
私の田舎(ンガワ)の典型的な住宅を写真で少しご紹介します。

c0162404_2228053.jpg












青い空の下、美しい山々に囲まれて、私は育ちました。
簡素な建物ですが、その形も色も大自然と一体となって
見事に調和していることに気がつきました。
ご先祖様の芸術的センスにあらためて敬意を払い、
拍手を送りたいです。


c0162404_2229840.jpg












家屋は基本的には黄色の粘土でできています。
このような建物を建ててくれる建築会社はありませんので、
村の人々がお互いに助け合って家を造るのです。
私も小学生の頃は、よく粘土を運んだり、こねたりするお手伝いをしました。
壁を白く塗っているのは魔よけのためです。

c0162404_22312577.jpg












冬は雪がよく降りますが,紫外線も大変強いので、溶けるのも早いです。
しかし、山の影になっているところは年中雪が積もっていることも多いです。

c0162404_22324417.jpg












朝日が当たると、なおいっそう美しく輝きます。

c0162404_22341982.jpg











最近の家は伝統家屋でも色がカラフルで、
窓枠も木製でなく、現代的なアルミサッシを使っています。
これも時代の流れといいますか、裕福になった象徴でしょうか・・
[PR]
by yangjin1 | 2010-02-11 22:37
中小企業佐賀懇話会様主催の講演会にお招き頂きました。

プロペラ機は苦手なので、新幹線と特急を乗り継いで、
片道約4時間、往復8時間かけて行ってきました。

主催者様は一泊することを勧めてくださいましたが、
我が息子のためなら、えんやこら!日帰りで頑張りました。

でも、今さっき家に着いたら、息子はすでに夢の中。
なぜか私も疲れがどっと出てしまいました。

今、頭の中は真っ白です。
おやすみなさい。
[PR]
by yangjin1 | 2010-02-09 23:29

遊牧民の引越し!

義兄がまた写真を送ってきました!
昨年の9月ごろに撮影したものだそうですが、
ありがたいです。
私の故郷への思いはますます強くなるばかりです。
今年もなんとしても帰らなくちゃね!!!

私の田舎では、山のほうですと、
9月に入った頃から雪が降り始めます。

そうすると、
少しでも暖かい場所を求めて、
遊牧民たちは移動をはじめます。
今も昔と全く変わらない生活様式です。

c0162404_23201055.jpg













まずは住居であるテントや寝具をヤクの上に載せます。
雨に濡れないようビニールの袋に丸めて入れます。

c0162404_232253100.jpg













次は現代風のコンローも載せます。

c0162404_2324434.jpg











煙突ももちろん載せます。

c0162404_23252387.jpg











準備万端でいよいよ出発です。

c0162404_23263953.jpg











子供ももちろん親についてゆきます。

c0162404_23281245.jpg











遊牧民であれば、女性も一人前の騎手になります。

c0162404_23293017.jpg











とにかく、ちょっとでも標高の低い谷間を目指して山を下ります。

c0162404_23312560.jpg













優しくて、たくましいチベットの若い母親です。

c0162404_23332166.jpg












ヤクと人間の親子の姿。一番好きな一枚です。
[PR]
by yangjin1 | 2010-02-07 23:37