バイマーヤンジンの日記です


by yangjin1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

心と心のふれあい実行委員会様の主催で、
3月30日に鳥栖市で講演させていただきました。

この企画を考えてくださいました
鳥栖ガス株式会社社長の松雪秀敏様には
とても感謝しております。

松雪社長様はあるところで講演をお聞きいただいてから、
すぐに私の話をたくさんの人に聞いてほしいと
ご自分でも講演会をお考えくださいました。

最初にいただいたお手紙、講演会の案内状にも
「63年間生きてきて、講演会で涙がこぼれ、
 これ程までに感動を覚えたことはありませんでした」
とお書き頂き、とても恐縮しております。

c0162404_1535769.jpg













松雪社長様、鳥栖商工センターの原様のご尽力のおかげで、
会場は満席、鳥栖市長様並びにたくさんの方にお越しいただきました。

これだけにとどまらず、
今度は九州全域の人々にご家族でお話と歌を聞いてほしいと
6月6日(日)トーク&コンサートも開催いただくことになりました。
本当に主催の皆様にはどのようにお礼申し上げたらよいのか、
言葉が見つかりません。ただただ感謝するばかりです。

c0162404_156347.jpg













講演後の夕食会にて、松雪社長様ご夫妻と共に。
奥様もとても明るく、お優しい方で、お話しするのが楽しかったです。

実は、この日初めて知ったのですが、
ご夫妻の娘様はなんとあの大女優の松雪泰子さん!!!!
もう驚きました!松雪泰子さんは本名だそうで、
4月24日公開の映画「てぃだかんかん」でも
ナインティナインの岡村隆史さん演じる主人公を
献身的に支える妻を演じるそうです。
お目にかかったことはございませんが、
お父様、お母様が素晴らしいお方ですので、
私も自分勝手に娘様によりいっそう親近感が湧きました。
映画見に行きます!!皆様も是非ご覧下さいませ。

講演会、夕食会に参加された方々も皆心の優しい方ばかりで、
とてもうれしかったです。

そのなかでも夕食会で隣の席だった江見製袋株式会社の
江見二六社長様ご夫妻は心がとても温かかったです。

会社の桜が満開で、どうしても見てほしいと
大阪に戻る今日早朝、ご夫妻自らホテルまで車でお迎えに来てくださり、
会社まで連れて行ってくださいました。

会社の周りが桜並木になっており、
それだけでも感激したのですが、

c0162404_159402.jpg













会社の中にある大きな桜の木にびっくり!!
その迫力と美しさに圧倒されました!
確かにこれほどのりっぱな、それも満開の大桜は
今まで見たことがありません。
見せていただいて、本当によかったです。
とっても幸せな気持ちになりました。
と同時に江見社長様ご夫妻のお気遣いにもとても感動しました。
ありがとうございました。

c0162404_225675.jpg













優しい江見社長様ご夫妻と共に。
会社は主に葡萄やリンゴなど果物にかける袋を作られておられます。
[PR]
by yangjin1 | 2010-03-31 23:45

体も心も三寒四温!!

最近の気候はどうしたんでしょうか。
本当に変ですね。

桜もかわいそうに、
咲くにも咲けない状態です。

今日は久しぶりに晴れたので、
出かけるときに、ちょっと春の格好をして見ました。

しかし、風の冷たさは真冬並み。
そのうえ夕方には霙でしょうか、雪のようなものまで降り出して、
本当に寒かったです。

また天気以上に寒気のする世の中の出来事。
ニュースには毎日のようにひどい虐待事件が報道されていますし、
そのうえ60代の母親が40代の娘に毎日ひどいことをされてきたと
途方にくれたすえ、その娘を殺してしまうという事態。
本当に生きる気をなくすほどの悲しい事件ばっかりです。

実は、この何日間は
ある程度更新する時間はありました。
しかし、パソコンの前に座って書こうとすると、
なぜか頭に浮かんでくるのは全部悲しいことばかり・・・

今のような自分の文章力ではとても表現しきれないし、
中途半端なら、やめたほうがいいと思ってしまいます。

毎日百人以上の方がこの日記をご覧下さっているのに
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

明日は佐賀県での講演会に1泊2日で行ってまいります。
元気を出して頑張ります。
[PR]
by yangjin1 | 2010-03-29 23:01

田舎のおじいちゃん!

またまた義兄がすてきな写真を送ってきました!

c0162404_234382.jpg






























馬に乗っているのは、おじいちゃんお一人と思いきや、

c0162404_2345669.jpg

















後ろに、こんなにもかわいい子が隠れているのとは・・・
おじいちゃんの大好きなお孫さんらしいです。

c0162404_2347175.jpg












なんとも言えない幸せな姿!

小さい頃、父親は放牧に行くのに
よく私を連れていってくれました。

けれども、小さかった私が馬から落ちるのが
心配だったのでしょうか、
父親の後ろではなく、常に前に乗せてくれました。

この写真を見ていると、
当時の記憶が一気によみがえってきました。

そのうえ、父親の体から出る
あのいい匂いまで思い出してしまいます。

日本では身近に、一緒に乗れる馬とかはいないですが、
我が息子にも、このような心温まる思い出を
いっぱいつくっていきたいですね!
[PR]
by yangjin1 | 2010-03-24 23:50

10年ぶり

今日は10年ぶりに
京都東山(前山科)ロータリークラブ様の例会で
講演をさせて頂きました。

久しぶりにクラブの皆様と再会できて、
とても懐かしく、本当にうれしかったです。

10年前、ヤンジン第三希望小学校の建設に
多大なるご支援を頂きました。

そのうえメンバーの皆様と一緒にチベットまで行き、
開校式にも参加をしました。

その第三小は、今では地元でも模範的な存在になり、
生徒数も倍以上増えました。

中国の内陸にある進学校にもたくさんの子供たちを
送り出して大活躍です。

この12年間で10校の学校を建設しましたが、
1つ目が無ければ、2つ目も無いです。
そして3つ目もなければ、10校目も無いはずです。

ご支援を頂いた東山(前山科)ロータリークラブの皆様には
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも皆様の温かいご支援を胸に、
その思いが無駄にならないよう、
毎年しっかりと現地調査をし、
学校が10年も20年も存続し、更に発展していくよう、
努力を重ねていきたいと思います。
[PR]
by yangjin1 | 2010-03-23 23:48

たいへんでした

昨晩、息子は早く寝てくれたので、
コンサートに向け、楽譜の整理をしていました。

けれども、この日の息子は
いつになく寝返りを打ち、歯ぎしりを繰り返しました。

少し気になり、何度も顔を見に行くと
それでもずっと寝ていたので、
そのまま朝まで寝かせようとそっとしておきました。

そうこうしているうちに深夜の1時になり、
私も寝ようと思いました。
見ると、息子は掛け布団を蹴り上げ、
なにも掛けないで、うつぶせで寝ています。

これでは風邪を引くと思って
息子の頭と肩を抱いて、向きをかえようとした瞬間です。

息子は眠ったまま
おえぇ~!と滝のように吐いたのでした。
それはそれは大量で、瞬く間に枕も布団も私の服も
そして息子の顔も服もドボドボになりました。

急いで隣の部屋にいた主人を呼び、
タオルを持ってきてもらい、
まず息子の顔を拭き、服を着換えさせました。

そういえば寝る前、息子は「お腹が痛い」と言っていたのですが、
寝たくない口実だろうと気にも留めずにいました。

息子には申し訳なく思い、
息子を抱きながら、「ごめんね。ごめんね」と謝りました。

胃の中のものは全部吐いたと思います。
それで落ち着いたのか、また息子はすぐ寝てくれ、
歯ぎしりもなくなりました。

でも、しばらくすると、熱が出てきて、
測ってみると、38度3分もありました。

「救急病院に行こうか!」と主人に聞くと
「今は寝ているから、そのまま寝かせて
 明日朝行けばいい」と言われて
朝まで様子を見ることにしました。

「なにが悪かったのかな?
風が強い日に息子を連れ出したのが
よくなかったかな」
と私も思えば思うほど反省ばかりしていまい、
この日は一睡もしないまま、
朝を迎えました。

朝になると、息子の熱も下がり、
朝ごはんも少し食べてくれ、
安心しましたが、
すぐに市の祝日救急センターの小児科に
連れて行きました。

お医者様には
「体は特に問題はないけれど、
もしかしたら、ウィルス性の風邪から
来ているのかもしれません。
と言っても、それを専門に治す薬はないので、
痰を切る薬、胃薬、吐き気止めを
出しておきますので、
それで様子を見てください」
と言われました。

家に帰ってからは、
息子をおばあちゃん(主人の母)に見てもらい、
私は主人と一緒に昨晩の汚れた布団や枕、服を洗濯し、
絨毯や床の上も掃除しました。

すると、そうしているうちに
今度は私がしんどくなってきて
洗濯物を干すのは主人に任せ、
午後から少し寝ました。

おかげさまで、
今はずいぶん楽になりましたが、
今日がお休みで本当によかったと
思っています。

息子もようやく春休みに入ったというのに
こういうことになって、
ちょっとかわいそうでした。
[PR]
by yangjin1 | 2010-03-21 23:30

昨日と今日!

昨日もたくさんの素晴らしい出会いに恵まれました。

姫路で六つのロータリークラブ様の合同例会で
講演をさせて頂きました。

ここでご紹介させて頂きたかったのですが、
残念ながら、カメラを持っていくのを忘れてしまいました。

主催者様が撮った写真を頂くことになっておりますので、
また後日UPさせて頂きたいと思います。

そして、実は、今日は我が息子の年少組の終業式でした。

この一年間は、毎日毎日息子も私も一生懸命でしたが、
今になって思えば、
「あっという間に過ぎてしまった」って感じです!

月日が経つのは本当に早いですね。

ちょうど一年前の春に、
我が息子が初めて親から離れて
一人幼稚園に通い出しましたが、

そのとき親子共に味わった緊張と不安は、
昨日のことのように思い出します。

お互いに離れることがとても寂しくて、
辛かったです。

しかし、今では我が息子もとてもたくましくなり、

朝起きるのも制服を着るのもずいぶんと早くなり、
毎日バス停までも自分でさっさと歩いて行くようになりました。

日本語はもちろんですが、口もママよりはるかに達者になり、
なによりお友達がたくさんできたことがうれしかったようです。

「明日からお休みだよ」と言ったら
「でも、僕はまた幼稚園に行くよ!」とその自信と意欲にびっくり。

先生方とお友だちのおかげで、
幼稚園が大好きになり、それがうれしく、またほっとしています。

今日、幼稚園からもらって帰ってきた「おもいで」ノートには

「いちばん楽しかったこと」の問いに
「お友だちとウルトラマンごっこをしたこと」って書いてありました。

そして「おおきくなったら」の問いには
「ウルトラマンになりたいな!」って。

テレビの影響の大きさを
改めて知らされました。

身長も105センチ、体重は16キロになりました。

すくすく成長しているとはいえ、
まだまだかわいい、かわいい我が息子だなぁって、
どこかでなぜか・・“やはり”ほっとしています。
[PR]
by yangjin1 | 2010-03-19 23:12

感激!感謝!!

3月14日、龍野ライオンズクラブ様の主催で
「日本人の忘れもの」というテーマで
講演をさせていただきました。

正直最初このテーマを見た時は、とても恐縮いたしました。

そのことを申し上げますと、

「いいえ、ヤンジンさんの話には
親孝行、家族の絆、感謝の心など、
我々が忘れてかけている大切なものがたくさんあるから
お呼びしたんですよ」
とおっしゃっていただきました。

そのうえ会員の皆様からは

「一人でも多くの市民にヤンジンさんの話を聞かせたいから
1200名収容できる大ホールにしました」

「絶対に成功させたいから、
そのために何ヶ月も前から市長をはじめ教育長、
そして全ての学校関係に呼びかけをし、
また市内でなにか行事がある度に、現場に行ってポスターを
配ったりして、メンバーたちは本当に奔走しました」
ともおしゃっていただきました。

主催者様の熱意とご尽力には本当に感激しました。

日本人は本当にすばらしいです。
強い精神力と勤勉さで、幾多の困難を克服し、見事に復興を成し遂げ、
世界のトップに立ち続けてきたのにもかかわらず、

いまなお危機意識を持ち、絶えず率先して学ぼうとします。

その意欲と姿勢こそ
我々チベット人が学ばなければなりません。

また、講演の前の会長様と市長様のご挨拶は
大変心がこもっていて、
とても感動しましたし、勇気づけられました。

ですから、ステージに出て、会場いっぱいのお客様を見た瞬間、
正直涙が出そうになりました。

お客様の温かい視線を感じて、
主催者様の思いがしっかりと届いているんだなぁと
すぐに分かりました。

お話しながら何度も胸が熱くなりました。

この日は、私にとって忘れられない講演会となりました。

責任感が強く、心が温かく、そのうえ素晴らしい品格のある
ライオンズクラブのおじ様方、

そしてご来場いただいた皆様、

本当に本当にありがとうございました。
[PR]
by yangjin1 | 2010-03-16 23:58

昨日はホテルモントレ銀座で開催された
東商経営懇談会主催の総会で講演させていただきました。

c0162404_23255441.jpg













ゴム関連企業の経営者の集まりで、
少人数の会ではありましたが、
皆様とても熱心にお聞きくださり、
何人かの方々からは自分の会社でもと
講演のお問い合わせもいただきました。
本当に素晴らしいご縁をいただき、
出席者の皆様には心から感謝申し上げます。

明日は兵庫県たつの市の赤とんぼ文化ホールにて
講演をします。
主催の龍野ライオンズクラブ様は
とても熱心に準備を進めてくださっているので、
私もご期待に応えられるよう
がんばります。

--------------------------------------------

別件ですが、
私たちの友人の
タンカ絵師ウゲンナムゲンさん、山田育穂さんご夫婦が
展示会「チベット祈りのかたち展vol.2」を
3月20日(土)~28日(日)まで、
堺市の“ぎゃらりぃホンダ”にて行ないます。
詳細はこちら

チベットの古美術、仏具、アンティーク展示のほか、
ウゲンナムゲンさんのタンカ講座、奈良裕之さんのライブも
ありますので、近隣の皆様、是非お越し下さいませ。
[PR]
by yangjin1 | 2010-03-13 23:24
昨日は横浜みなとみらい大ホールの真言音楽祭に
出演させていただきました。

c0162404_1146198.jpg













パイプオルガンのある舞台は迫力があります。

c0162404_11465752.jpg























照明がついていないので見えにくいですが、
実は私がリハーサルしているところです。

c0162404_1149756.jpg













今回一緒に共演させていただきました
パイプオルガニストの柳沢文子さん

c0162404_1150662.jpg













ハープ奏者の野溝法子さん

公演最後には幼稚園児と一緒に
唱歌「ふるさと」を合唱させていただき、
とてもうれしかったです。

主催者の高野山金剛講神奈川地方本部の皆様、
本当にいいご縁をいただき、
ありがとうございました。

今日の午後からは銀座で講演です。
がんばります。
[PR]
by yangjin1 | 2010-03-12 11:51

身近からの意見

主人からは
「あなたがあの亡くなった子供に謝りたいと
書いていましたが、あなたがしたことじゃないから
その書き方はどうかなぁ」
と言われました。

まず私は一人の母として
なんといっても一人の大人として
申し訳なく思ったのです。

主人だって、新聞を読みながら、
涙目で、手を合わせていたじゃないですか。

あとブログを見た母も
事務所のスタッフも
私が加害者を鬼女と書いたことに
驚いていました。

正直この事件を知った時は
言葉も出なかったです。
だんだん怒りがこみ上げてきて
それでも、ブログに書くのは、
しばらく我慢していました。

しかし、この間も
毎日私と同じ布団でねんねしている
我が息子のかわいい寝顔を見たり、

「おいしいね!」といいながら
喜んでご飯を食べているのを見ていると

どうしても虐待され、殺された子供の
そのときの心情や苦痛を考えてしまいます。

本当にその子が不憫でかわいそうでなりません。

実はこの何日間、夜もあまり眠れていません。
何度涙しながら祈ったことでしょうか。

子育ては決して楽しいことばかりではありません。
それは充分承知しています。

それでも、この件に関しては
あの加害者の立場になって考えることなどは
絶対にできません。

日本語の表現にかぎりがあるというよりは
私が加害者の母親に対しての感情は
やはりその言葉でしか言い表すことができないのです。

日本の母は私を守ろうという気持ちが強く、
「あんまりこういった事件に意見を述べることは
 しないほうがいいよ」と言いました。

しかし、どうしても沈黙することができません。
それだけこの事件は私にとってショックでした。

逆に皆、他人事だと思って黙っていたからこそ、
周りにあんなにたくさんの人間がいたのに
あの子を救うことができなかったのではないでしょうか。

このような児童虐待を防止するため、
もっと関連する制度の整備に努めなければいけない
という声も多いようですが、

それももちろん重要ですが、
なにより大切なのは、もっと広い範囲の家族の関わりと
人間同士の愛情ある絆ではないでしょうか。

経済的には、今でもまだまだ貧しいチベットです。
しかし、このようなひどい虐待事件は
私自身まだ一度も聞いたことがありません。

それはやはり大家族の強い絆のおかげだと
私は思っています。
[PR]
by yangjin1 | 2010-03-09 23:43