バイマーヤンジンの日記です


by yangjin1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

充実さいっぱい!

昨晩、東京の仕事から帰ってきたときは
すでに23時を過ぎていました。

今朝は5時半に起き、姫路のあるお寺に行ってまいりました。

明日から2日間札幌に行ってまいります。
一日目は北海道大学での講演会ですが、
二日目は別の場所でコンサートです。

先程インターネットで北海道の気温を調べてみたら、
なんと12~18度でした。
まだ春って感じかなぁ!
北海道にいる知人のみなさんと会えるのは楽しみですが、
もし心に余裕があれば?!
北海道の春?初夏?も楽しんできたいと思います。
[PR]
# by yangjin1 | 2009-06-05 22:48

6月1日!

今日で、私は42歳になりました。
改めて思うのですが、
いくつになっても、
誕生日って、やっぱり楽しいです。

昔の私の家は
貧しいこともありまして、
誕生日を祝う習慣はありませんでした。
(チベット全体でもそうだったのではないかと思いますが)

しかし、しかし、
私だけが、なんと6月1日という特別な日の生まれです。
中国では6月1日は「国際児童節」と定められ、
いわゆる子供の日なのです。

(中国だけなのに、何故か「国際」という二文字がついています。
ですから、最初は日本でも、全世界でもこの日は子供の日だと
誤解しておりました)

そのうえ、私は幸い学校にも通うことができまして、
学校では、毎年必ず全校生徒で祝いごとをするのでした。

そのためでしょうか、
私だけは、毎年家族からも
誕生日のプレゼントをもらえました。

それはいつも同じ、「二つのゆで卵」でしたが、
当時にしてはかなりの高級品でした。

今日はさすがにゆで卵を贈ってくださる方はいませんでしたが、
たくさんの祝福のメール、手紙、そして電話を頂きました。
また、写真のような素晴らしいお花も頂きました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
c0162404_21184815.jpg
祝福のメッセージと素敵なプレゼントを見ていると
改めて「私って幸せなものだなぁ」と思います。

この世に私を生んでくださった親、
優しさいっぱいで育ててくれた兄弟、
深い愛情を注いでくれている主人、義理の母
真の生きる意義を教えてくれたわが息子とチベットの子供たち
そして、なんといっても、
いつもあたたかく応援していただいている皆様に
深く深く感謝を捧げたいです。
[PR]
# by yangjin1 | 2009-06-01 21:20

今週一週間!

今週も大変ハードなスケジュールでした。

水曜日に東京へ日帰りで行ってきましたが、
往復の新幹線ともガラガラで、びっくりしました。

行ったときは、私が乗っていた車両には
なんと5人しかいませんでした。

帰りのときも、2人掛けの席の窓際は埋まっていましたが、
3人掛けの方はほとんど空いていました。

新型インフルエンザについて、
マスコミは大変騒いだりして、
息子の幼稚園も休園になったりしましたが、
私自身はそんなにたいそうには思っていませんでした。

しかし、やはり社会への影響は大きかったようです。

今はやや落ち着いてきましたが、
皆様は大丈夫でしたでしょうか?

木曜日の21日には
大阪市の中央区「母と子の共励会」で講演をしました。
その後、その足で最終便の飛行機に飛び乗り、
新潟へ向かいました。

この度は大変光栄なことに
JAIFAという各保険会社によって組織されました
3万人以上の会員数をほこる全国的な協会の理事に
就任することになりました。

その理事会、総会と年次大会が新潟で開催されましたので、
参加してきました。

23日は私が来日当初から大変お世話になっております
あるお寺の息子様の結婚式に参加してまいりました。

お祝い事に参加するのって、本当にいいですね!
こちらまで元気と幸せをいっぱいいただきました。

明日からは息子の幼稚園も再開しますが、
私も滋賀県のある会社の116周年記念講演会で
講演をさせていただきます。

がんばります!!
[PR]
# by yangjin1 | 2009-05-24 23:04

今日一日

中国から戻ってきてから、2回目の仕事でした。
昨日が講演で、今日はコンサート。

いつも真剣勝負で舞台に立ちますが、
今日は「茶摘み」という歌をうたったとき、
なぜか前奏の後に、私自身メロディを間違えてしまい、
歌い直してしまいました。

これまでこのようなことはなかっただけに、
すごいショックでした。

今後はもっと練習し、皆様に喜んでもらえるように
しなければと思いました。

実は、今日は息子の幼稚園の参観日でもありました。

私は仕事なので、主人に行ってもらったのですが、
息子は校庭に整列したときから、しゃがみこんで
泣き出してしまったそうです。

教室に戻っても、他のお友達がお遊戯をしているのに
主人から離れず、結局主人の胸に抱かれて
寝てしまったそうな・・。

中国から帰ってきてから、
夜寝るのが遅くなり、睡眠不足だったのと
風邪気味で今朝薬を飲ましたので、
とても眠かったのだと思います。

あと入園早々一ヶ月も幼稚園を休み、
帰国後、昨日からようやく再登園、今日が2日目、
幼稚園のお友達のお遊戯についていけなくて、
つらかったのかもしれません。

そうなると、息子が悪いのではなく、
親である私の責任だと思いました。

ご迷惑をかけた幼稚園の先生方には
申し訳なく思っています。

私は明日また講演のため
広島に行かなければいけませんが、
来週からの息子の幼稚園生活は
一生懸命サポートしていきたいと思います。

親子ともにがんばります!!
[PR]
# by yangjin1 | 2009-05-16 22:22

帰ってきました

11日に、無事日本に帰ってきました。
一ヶ月以上もご無沙汰しまして、
本当にすみませんでした。

2月に故郷に電話もメールも繋がらなくなってから
本当に心配しました。

家族のことももちろんそうでしたが、
被災地理県の小学校の再建支援を予定しているのに、
建設に関する計画書、予算、情報もまったく届かず、
支援の具体策は、何にひとつ進めることができずにいました。
気になって仕方がありませんでした。

そのうえ大地震から一年が経ち、
被災地はどのようになっているのか、
もう一度自分の目で見てきたいと強く思いました。

丁度4月は年度替わりのため、
比較的に時間を作りやすい時期です。
それで思い切って四川省の成都まで
行って来ました。

日程や内容など現地に入ってから
ブログにてご報告しようと思いました。

しかし、私のHPは中国でも見れましたが、
ブログの方は見ることが出来ませんでした。
ショックでした。

成都で家族と再会することも出来ました。
再度被災地(特に映秀鎮、都江堰)も
訪ねることが出来ました。

詳細は後日「日記」と「お知らせ」に
載せていきたいと思います。
[PR]
# by yangjin1 | 2009-05-13 23:44