バイマーヤンジンの日記です


by yangjin1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ディス二ーランドの3日間、
息子とくっついていたことで、
とうとう私までうつされてしまいました。

タミフルも風邪の予防薬も効かなかったようです。

熱は出なかったものの、
のどが完全にやられてしまいました。

昨日は、尼崎で講演をしました。
1時間以上話した後に2曲歌いましたが、
のどから火が出そうなくらい辛かったです。
それでもある程度の声が出たので、
本当に不思議でした。

今朝になっても、症状はまったく良くならなかったので、
朝一番に近くの内科で点滴を受けました。
それから、また別のところの耳鼻咽喉科に行き、
のどに直接薬を塗ってもらったうえ、
吸入もしました。

そのおかげでしょうか、夕方大阪市内での講演会は
なんとかうまく勤めることができました。

しかし、のどの痛みは全然とれません。

明日は朝早く、愛知県の稲沢市民会館で
コンサートをしなければいけません。
正直不安で泣きたい気持ちです。

今まではなにかあっても、
気合だ!と思って乗り越えてきましたが、
明日は気合だけでは、解決できないかもしれません。

本当にどうしよう!?

とにかく早く寝ます、と言っても、
すでに23:30です。
[PR]
# by yangjin1 | 2009-01-23 23:40

ディズニーランド

以前ブログにも書きましたが・・・
1月16日から21日までの予定で、チベットの子供たちを
日本に呼ぶつもりでいましたが、来れなくなってしまいました。

主人はかねてから
息子が幼稚園に入る前にディズニーランドに連れてきたい
と言っていました。

これだけの期間がぽっかりと空くのは初めてなので、
普段からずっと家で息子の世話をしてくれている
母の慰労も兼ねて、家族でディズニーランドに
行くことを決めました。

今年になってすぐに、旅行社で1月19日から21日までの
パックツアーを申し込みました。

けれども、先週から家族全員風邪やらインフルエンザと罹ってしまい、
出発日の直前まで行けるかどうか不安でした。

祈りが通じたのか、息子の病気も出発一日前にはずいぶん良くなり、
体温も平熱になってくれました。

そこで、昨日からディズニーランドに来ましたが、
昨朝大阪を出る時、もう大丈夫だろうと息子には
ちょっと薄手のものを着させました。

それがいけませんでした。
飛行機の中から早くも、くしゃみと咳が出だして、
段々と調子が悪くなっていきました。
羽田空港に着いた時にはぐたっとしてしまって、
ディズニーランドそばのホテルに着いた時には
寝てしまいました。

通常15時チェックインなのですが、ホテルのフロントの方に
事情を話し、13時にお部屋に入れていただきました。

目の前には海が広がる素晴らしいお部屋で、
その部屋で息子をしばらく寝かせました。

14時、息子は目が覚めると、
「東京に着いた?ミッキーは?」と聞いてきました。
体調はまたしんどそうでしたが、
せっかくここまで来ましたので、そのうえ
三日分のパスポート(入園券)も持っていることもあり、
せめて1時間だけでもディズニーランドに入って、
雰囲気だけでも味わおうと部屋を出ました。

普段なら興奮して走り回るはずの息子ですが、
やはり歩こうとしません。
園内に入ってからも、私がずっと抱っこしていました。

よかったのは、
息子が園中央にあるお城を非常に気に入ったこと、
15時からのパレードがちょうど見れたこと、
ミッキーと写真が撮れたことです。

とくにパレードはとても喜んでいました。
久しぶりに息子の笑顔が見れて、
私も嬉しかったです。

疲れが出てはいけないと、
16時には園を出たのですが、
帰りはなんと自分で歩いてくれました。

しかし、昨晩遅く、また熱が出てしまいました。
体温計は持ってきていませんでしたが、
体を触っただけで、すぐ39度はあることがわかりました。

「ママ、熱」と息子に辛そうな顔で言われた時には、
ここに来たことを本当に後悔しました。

夜中は持ってきた唯一の解熱の坐薬でなんとか
乗り切ったのですが、
朝起きてもう一度測っても、38度8分あったので、
すぐホテルに紹介状を書いていただいて、
タクシーに乗り、近くの内科に行きました。

頂いた抗生物質のおかげでしょうか、
息子も今はだいぶ元気になり、
ホテルのマスコットであるペンギンと
写真を撮るまで回復しました。
[PR]
# by yangjin1 | 2009-01-20 23:55

インフルエンザ!

前回のブログでは母と主人が風邪を引いたことを書きましたが、
結局次の日の検査で、主人のはただの風邪ではなく、
インフルエンザA型であることが判明しました。

予防のため、一所懸命風邪薬を飲ませた甲斐もなく、
息子までうつってしまいました。

おととい、名古屋での仕事を終え、
新大阪に着いたときは、もう夜9時になっていました。

しかし、いくら家に電話をしても取らないので、
なんとなくいやな気がしました。

その予感が的中しました。

母と主人は高熱出した息子をこども救急センターに
連れて行っていたのです。

私も新大阪駅から救急センターに直行しましたが、
息子は真っ赤な顔をしていて、とてもしんどそうでした。

すでに熱は40度2分まで上がっていました。

昔、私が熱出していたときは、チベットの母が、
アルコールが60度もある中国の白酒で、脇の下、両手のひら、
両足の裏を必死に拭いてくれたことを思い出しました。

それで、家にある父親が飲み残していたウォッカを使って
息子にもしてあげたのですが、まったく効きませんでした。

私の子供のころはこれがとても効いて、熱がすぐに下がったのですが・・

日本のお父さんが亡くなって、ちょうど11年。
ウォッカはそれ以前のものですので、すでにアルコールが抜けていた
のかもしれません。

結局次の日(昨日)、午前中は近くの病院へ、
夜はまたこども救急センターへ走りました。

高熱のうえ、咽喉の痛みもあって、
食事も水分も一切とろうとしない息子に
夜中の1時半まで点滴をしてもらいました。

私はまだ大丈夫なのですが、ずっと息子に付きっきりなので、
いつどうなるか不安でもあり、気分的に調子が悪くも感じられて、
結局予防のため、主人と息子同様にあのうわさの薬“タミフル”を
飲んでいます。

息子は今日も高熱が続いてぐったりしていましたが、
やっと薬が効いたのか、先程ようやく熱も下がりはじめ、
3日ぶりにお通じもあり、お粥も少し食べてくれました。

息子よ!もういくら腕白でも叱らないから、
とにかく、早く元気になって!!
[PR]
# by yangjin1 | 2009-01-17 23:12

風邪!

2日間滞在した山形の天気は非常に面白かったです。
特に、昨日は朝起きて窓から外を見てみると
あまりの大雪にびっくりしました。

本来、雪は大好きで、見ると興奮する性格なのですが、
今回ばかりは、「ああ!困った!こんな大雪でしたら、
お客様にはお越し頂けないのではないか」と心配していました。

しかし、その直後突然雪が止んで、眩しい太陽が顔を出し、
素晴らしく晴れてきました。
「よかった!!やっぱり日頃の行いがよかったかな!」と
喜んでいたら、また直ぐにすごい吹雪になってしまいました。

天候は、午前中だけでも3,4回ほど目まぐるしく変わりました。
雪と太陽どちらを信じたらいいのか分からなくなってしまいました。

けれども、ありがたいことに、実際には350名収容の会場が
いっぱいになりました。

そして、夕方、空港に着いてからというと、
「着陸できるか、できないか、飛ぶか、飛ばないか」という中で
なんと二時間も待たされてしまいました。

そのせいでしょうか、
主人は完全に風邪を引いてしまいました。

やっとなんとか無事に家にたどりついたら、
今度は、母も風邪でダウンしていました。

私はこれからも仕事のスケジュールがいっぱい入っていますので
とても風邪を引くわけにはいけません。

ですから、息子と二人、昨日から風邪も引いてないのに
ずっと風邪薬を飲んでいます・・・

明日は名古屋の講演に行ってまいります。
[PR]
# by yangjin1 | 2009-01-14 22:53
大変な中、なんとか大阪に帰ってくることができました。

感謝!感謝!です。

講演模様は山形新聞が早速載せてくださいました! 
リンクしますので、ご覧下さいませ。
[PR]
# by yangjin1 | 2009-01-13 22:48