人気ブログランキング | 話題のタグを見る

バイマーヤンジンの日記です


by yangjin1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

なぜか悲しいです!

今回の朝青龍が起こした問題は、
世間ではそう簡単に許されないだろうとは
最初から思っていました。

しかし、
引退まで追い込まれるとは思ってもみませんでした。

私の考えが甘かったのか。
それとも世間があまりにも冷たかったのか。

とにかく驚きました。

今は寂しい思いでいっぱいです。

いつも講演では冗談で
朝青龍のことをいろいろと言っていますが、

実は結構尊敬しています。

日本の歴史ある伝統文化の頂点に立ち、
あれだけの成績を残しました。

どれほどのご努力とご苦労があったことでしょう。

また自分の民族、国家の名声を
あれほど高く押し上げ、広く世に知らしめました。

国民に誇り、特に若者には希望を与え、
本当に素晴らしいです。

私はこの目で実際に何度か見たことがあるのですが、
彼の親孝行ぶりも、また素晴らしいものでした。

同じ異郷の地に身をおいている者として
私も今まで一生懸命
親孝行とふるさとへの恩返しを
してきたつもりですが、

彼の足元にもおよびません。

とくに20代の頃の自分と比べてみると
恥ずかしいぐらいです。

このような結果になり、
本当に残念でなりません。

ところで、
彼の問題としてずっと問われてきたのが
「横綱の品格」ということでしたが、

私にしては、理解しがたいこともあります。

例えば
横綱が勝った場合、ガッツポーズをとるのが
いけないとしても、

横綱が負けた場合、
客席から飛んでくるあの座布団は
いったいなんなんでしょう??

普段ならば
女性も踏み込んではいけない聖地(土俵)なのに
横綱が負けたとたん

今までさまざまな人、それも長時間に亘り
お尻の下に敷いていた座布団が
土俵の中に、それも横綱の頭のうえを飛んでいくのです。

その座布団を投げておられるのが、
わざわざ会場まで足を運び、見に来ていた
相撲大好きなファンの皆様です。

横綱だけに品格を求めるのはどうかと思いました。
・・・・・・・

以上の私の考え方に、主人が異論を唱えました。

「大相撲は日本人にとって国技と考えられている。
横綱になる人物は心技体ともに人の模範とならなければいけない。
僕も朝青龍とあったことあるし、好意は持っていたが、
一般人を殴ったことは間違っている」と。

もしそれが事実であれば、
夫が言っていることは確かに一理あるのですが、

それでも、日本の相撲界にとっても、
これから若い日本人力士のハングリー精神を育てる意味でも
彼はとても必要な存在だったのではないかと思います。
by yangjin1 | 2010-02-05 23:57