バイマーヤンジンの日記です


by yangjin1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

昨日と今日

今日の風当たりはもう冬って感じですね!
びっくり!!
秋の深まりも、まだしっかりと味わってないのにね!

昨晩は、佐賀の鳥栖でコンサートをさせて頂きました。
素晴らしいお客様に恵まれたおかげで、
ステージと会場が一体になったような気がします。

主催者の仏教会の先生方からも
「このような温かい雰囲気のコンサートは初めてだ」
とおっしゃっていただきました。

2時間続けて公演をしたのにもかかわらず、
ロビーにはたくさんの方が残ってくださり、
「もっと歌を聞きたかった」
とおっしゃってくださいました。

主催者の皆様、ご来場いただきました皆様には
感謝!の一言です!

今日は大阪に戻る途中の博多駅で、
福岡在住のチベット人ご夫婦(ご主人チベット人、奥様日本人)と
落ち合い、お茶に話にと一時を楽しみました。

c0162404_0161969.jpg

















ご主人の故郷は甘粛省のマチュで、
私の伯父もそこで遊牧生活をしています。
そのため、私は勝手に彼のことを弟のように思っています。

今年の夏、ご夫婦は子どもを連れて、
マチュまで帰ったそうです。
実は、奥様もふたりの息子さんも行くのが初めてで、
行く前、奥様はいろいろと不安で、
何度も私に相談をしてこられました。

けれども、実際には行ってみて、
とてもよかったそうです。

奥さんはやはり高山病にかかりましたが、
子ども二人はまったく問題なく、
元気だったそうです。

ご主人の兄弟、親戚は
本当に心から愛情をそそいで、
息子さんたちをかわいがってくれたと
感激しておられました。

あと衝撃的だったのが、
ご主人の実家にトイレがなかったこと。
それで、息子さんたちが大草原のなかでするうちに、
それに慣れてしまったそうです。

日本に戻ってからも、
息子さんたちは外でも用を足そうとするので
大変だとおっしゃっていました。

日本の皆様にはわかってもらえないと思いますが、
私にはとても懐かしく感じ、じーんとしてしまいました。

なぜかと言いますと、
実はうちも主人が私の田舎に行ったときに、
一番困ったのがトイレだったからです!!!

その当時、私の田舎のトイレは、
庭の隅っこで、ただ大きめの穴を掘って、
その上に丈夫な板を2枚載せているだけでした。

冬はまあまあ“快適”でしたが、
夏になると、雨水は溜まるし、
蛆虫はよじのぼってくるし、
また、用を足す度に
「おつりが返ってくる!!」と
主人はとても嫌がっていました。

でも、そのおかげで
私の実家は新しくて、すこしでも清潔さを
保てるようなトイレを造りました。

このように外の新しい価値観が入ってくることにより、
チベット人も少しずつ自分たちの生活環境を
改善していけばいいのです。

このことは決して悪いことではないと
私は思います。
[PR]
# by yangjin1 | 2010-10-26 11:15

私の勇姿?!

今日は解脱会大阪教区様主催の講演会で
お話をさせていただきました。

会場は大阪市内でしたので、
わりと早く家に帰ることができました。

家に着いたときには
我が子はすでに寝ていました。

c0162404_22342398.jpg


















そこで、雨も上がったので、
いつものウォーキングをしてきました。

本当はちょっと疲れていましたが、
これから12月下旬まで
ほぼ休みがない状態です。

少しでも体力をつけなければと
1ヶ月前から時間が取れれば
必ず歩いています。

明日は一泊二日で
佐賀のコンサートに行ってきます。

では、お休みなさい。
[PR]
# by yangjin1 | 2010-10-24 22:36

仙台から帰ってきました

昨日は共立建設株式会社東北支店共友会様にお招き頂き、
仙台で講演しました。

社員とその家族はもちろん、取引先の会社とその家族も
大切にされておられる素晴らしい会社で、
共友会が中心となり、積極的に
毎年家族も含めた催しをされておられます。

昨年はプロバスケットボールの試合を
会員、家族皆で観戦されたそうです。

そして、今回は「大切な家族の絆」をテーマに
私が講演させていただきました。

大人に混じって、5歳の幼児、小学生、中学生、
高校生、大学生、7ヶ月の赤ちゃんを抱かれたお母さんまで
90分の講演を一生懸命聞いてくださいました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

c0162404_23574756.jpg

















懇親会にて。
左から講演会ご担当の新沼部長様、山本支店長様、私、新沼様の奥様です。

----------------------------------------------------

仙台では一泊して、今日の午後、大阪に戻りました。

いつもおばあちゃんと留守番をしている息子には
ご褒美として、運動靴を買ってあげる約束をしていました。

一ヶ月ほど前から、息子は私に何度か
「ね!ママ、幼稚園の友達は
皆“しゅんそく”を履いているんだよ。
あれはすごく速くて強いやつだよ!!」
と言っていました。

しかし、買って欲しいと駄々をこねたことはないので、
私もついつい忘れてしまいました。

ですから、今回は必ず買ってあげようと
出張行く前に、息子に
「おばあちゃんの言うことを聞いて、いい子にしてたら、
 ママがお仕事から帰ったら“しゅんそく”買ってあげるよ」
と約束したわけです。

c0162404_23593355.jpg

















これがその“瞬足”です。
今までのどのおもちゃ、贈り物よりも
喜びました。

買ったその場でその“瞬足”を穿き、
店内を走り回る!走り回る!

家に帰っても
「ねえ!ママ!僕、なんかすごく走りたくなってきた!!
パパも一緒にお外に走りに行こうよ!」
とまた結局引っ張り出され、

晩8時過ぎまで、近くの階段を何往復も駆け上ったり、
おいかけっこしたり、パワー全開でした。

こんなことなら運動会前に買ってあげればよかったと
ほんのちょっと後悔しましたが・・

今、息子は隣でニヤニヤしながら寝ています。
たぶん夢の中でも“瞬足”を穿いて
走り回っているのでしょう。
[PR]
# by yangjin1 | 2010-10-23 23:00

新堂小学校を再訪!

昨日は富田林市立新堂小学校に行ってまいりました。

今回が二回目ですが、
初めてお伺いしたのは2002年でした。

もう8年も経っているのに、
先生方がまだ私のことを覚えていてくださり、
とてもうれしかったです。

たくさんの講師がいるのにもかかわらず、
もう一度私をお招き頂きましたことに、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ここで特に書きたいのは、子どもたちのことです。

全校生徒対象で、もちろん1年生も入っていました。
それでも本当によく話を聴いてくれました。
感心、感激しました。

ありがとうございました。

実は、その日の早朝2時ごろに、
息子が急に咳が出だして、
呼吸ができなくなるほどひどかったです。

それで、息子を救急病院に車で連れていったりして、
その晩は結局ほとんど眠れませんでした。

でも、かわいい生徒さんたちのおかげで、
疲れも飛び、歌う時もパワー全開でできました。

今日は我が子の病状もずいぶんと落ち着いてきました。
ちょっとひと安心です。

明日は一泊二日で仙台に行ってきます。
がんばります!
[PR]
# by yangjin1 | 2010-10-21 23:29
昨年、米百俵賞を受賞したおかげで、
新潟県とたくさんのご縁をいただきました。

c0162404_221483.jpg























そのご縁のひとつで、
先月、長岡市にある中越高等学校の1年生を中心に、
生徒の皆さんが、文化祭で「チベットに学校を」と
募金を呼びかけてくださいました。

c0162404_2233343.jpg

















そして、昨日、担任の川上先生(左)と関先生(右)が
その集まった寄付金をはるばる大阪の事務所まで
届けてくださいました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

皆さんの温かいご支援をかならず
チベットの子どもたちの幸せな人生と
明るいチベットの将来に繋げてゆきます。

本当にありがとうございました。
[PR]
# by yangjin1 | 2010-10-19 22:05