バイマーヤンジンの日記です


by yangjin1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

なぜか忙しい

書きたいことはたくさんあるのですが、

ここ2日間は取材と打ち合わせ、
咳き込んでいた息子の世話
(おかげさまで、ほぼ治りました)
で、なかなか更新できませんでした。

申し訳ございません。

明日からまた講演が続きます。

それも明朝は7:30新大阪発の新幹線で、
名古屋に行かなければなりません。

のどのため、少しでも長く睡眠をとろうと
思います。

おやすみなさい。
[PR]
# by yangjin1 | 2010-01-29 22:56

バタバタの毎日

昨晩は結局家に帰るのが、0時になりました。

今日は息子のお弁当日ですので、
朝は6時に起きました。
母の協力の下、何とか美味しそうなお弁当もでき、
無事息子を幼稚園に送り出しました。

その後、大阪市内で、ある出版社の取材を受けました。

夕方になって、
息子の咳がひどくなり、熱も37度3分もあって、
食べたご飯も戻してしまいましたので、
急いで主人を呼び、小児科に行ってきました。

今はだいぶ落ち着きました。
ほっとしています。

明日は福岡です。
朝6時、新大阪発の新幹線なので、
4時半には起きなければいけません。

息子と一緒に早く寝ます。
おやすみなさい!
[PR]
# by yangjin1 | 2010-01-26 22:20
昨日から東京に来ておりますが、
今日の講演会が終りましたら、
大阪に帰ります。

しかし、家に着くのが23時以後になりますので、
更新ができないと思います。

前前回の“つづく”については
もうちょっと後になります。
ご理解をお願いいたします。
[PR]
# by yangjin1 | 2010-01-25 11:14

主人の質問に答えて

昨日の日記を見た主人が以下の質問をしてきました。
(ちなみに私の答えも添えておきます)

主人「またどうして急に従弟の話が出てきたん?」

答え「昨日電話がかかってきたから、いろいろとしゃべっているうちに思い出しちゃった」

主人「へ!それだけで書いたの?」

答え「うん!」

主人「プライバシーの話をそこまで書く必要あるのかなあ?」

答え「別に秘密にすることもないやんか」

主人「それはそやけど、“つづく”って、また書くつもり?」

答え「いや、書き出したら、なんか長すぎて・・・、だめなの?」

主人「いや、いいけど、みなさん期待すると思うよ」

答え「だからもう一回書くってば!」

主人「いつ?」

答え「いつって、わからんけど・・!」
[PR]
# by yangjin1 | 2010-01-23 21:46

私の従弟の話ですが

私にはたくさんの従弟がいますが、
その中の一人は、今アメリカに住んでいます。

彼は伯母(母のすぐ上の姉)の息子で、
私とは半年しか違いません。
小さい頃からよく一緒に遊んだので、
本当の兄弟のように仲がいいです。

しかし、彼は20年ほど前
ラサに行ったきり、
そのまま10年ほど消息不明でした。

彼はお坊さんで、
我が一族のお守りのような存在でしたので、
かなりショックでした。

その後インドにいることが分かりましたが、
どうしょうもなかったです。

しかし、日本に来て、しばらくして、
ある日突然、若い日本人の男性が家に訪ねてきました。
「私がインドに行ったとき、この方に大変お世話になりましたが、
彼のお姉さんが日本にいるって聞いて、
もしかしたら、ヤンジンさんではないかと思って来ました」と・・・

「え!!!」
写真を見せてもらって、本当にびっくりしました。
弟でした。
彼はインドのブッタガヤのあるお寺にいました。
「自分の姉が日本にお世話になっているから、
日本人には親切にしなければ」と言っていたそうです。

涙が出ました。

その後は、なんと電話でお話しすることもできて、
本当に、本当にうれしかったです。

訪ねて来てくれた日本の方に
今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

絶対に会いに行くからと約束して、
当時サラリーマンの主人の休みの日程と合わせて、
インドまで飛行機のチケットも予約しました。

しかし、一ヶ月前に私のビザを申請しようと
インドの領事館に行ったら、
なんとビザが下りるまで、少なくとも三ヶ月が必要と言われました。

うそ!!!
それでも、なんとしても行かなくちゃ!!と思い
直接に総領事様に電話をしてしまいました。

事情を説明し、お願いをしましたが、
やはり、いくら考慮しても最低一ヵ月半は必要だと・・・

弟に会えないうえ、航空券のキャンセル料まで払ってしまいました。
本当に悔しかったです。

楽しみにしていた弟にも申し訳なく、
一時期インドがいやになったどころか、カレーまでいやになりました。
(冗談です!!)

その後、
彼はニューヨーク在住の台湾人に招かれて、アメリカに渡ったのです。

       つづく
[PR]
# by yangjin1 | 2010-01-22 23:45