バイマーヤンジンの日記です


by yangjin1
カレンダー

帰ってきました

11日に、無事日本に帰ってきました。
一ヶ月以上もご無沙汰しまして、
本当にすみませんでした。

2月に故郷に電話もメールも繋がらなくなってから
本当に心配しました。

家族のことももちろんそうでしたが、
被災地理県の小学校の再建支援を予定しているのに、
建設に関する計画書、予算、情報もまったく届かず、
支援の具体策は、何にひとつ進めることができずにいました。
気になって仕方がありませんでした。

そのうえ大地震から一年が経ち、
被災地はどのようになっているのか、
もう一度自分の目で見てきたいと強く思いました。

丁度4月は年度替わりのため、
比較的に時間を作りやすい時期です。
それで思い切って四川省の成都まで
行って来ました。

日程や内容など現地に入ってから
ブログにてご報告しようと思いました。

しかし、私のHPは中国でも見れましたが、
ブログの方は見ることが出来ませんでした。
ショックでした。

成都で家族と再会することも出来ました。
再度被災地(特に映秀鎮、都江堰)も
訪ねることが出来ました。

詳細は後日「日記」と「お知らせ」に
載せていきたいと思います。
[PR]
# by yangjin1 | 2009-05-13 23:44

第一歩!

4日の入園式も終え、
今日はわが息子の初登園日でした。
昨日から、私まで緊張していました。

やはり朝から大変でした。
制服を着せるのに、
30分以上もかかってしまいました。

食事もあまり取らず、
「幼稚園、いやいや」とごねる息子を
無理やりバス停まで連れて行きました。

しかし、そこで二人の同級生に会えたおかげでしょうか、
一気に元気になりました。
素直にバスにも乗ってくれました。

席に座ると、「ママ、ママ」と一生懸命に呼びながら、
手で“おいで、おいで”するんです。
一緒に乗ってほしかったのでしょう。

けれども、しばらくすると、
自分ひとりで行かなければいけないことを
悟ったみたいで、手がとまりました。

それからは、私の目をずっと見つめて
「ママ、あとで来る?」と確認してきました。
「ハイ、あとで行くからね!」と言うと
本当にやっとほっとした顔になりました。

息子も大変不安を感じたことでしょう。
ママだって、とても心配しているから。

バスは発車すると、あっという間に
角を曲がって消えていきました。

わが子の社会デビューの第一歩となりました。

嬉しいようで、寂しい気持ちになりました。
「あぁ、これからはこのように一歩ずつ
われわれ親から独立して行くのだなぁ。
いつかはママよりもお友達の名前を呼ぶように
なるんだろうなぁ」
そう考えながら、11時の帰りを待ちわびました。

迎えに行くと、息子はバスから降りた瞬間、
「ママ!ママ!」とすごい勢いで抱きしめてきました。
私も涙が出そうになりました。

普段も仕事に行くと、一日や二日は家を空けるのですが、
今日の3時間ほど長く感じた日はありません。

わが子もよく頑張ったが、ママも頑張った!
[PR]
# by yangjin1 | 2009-04-06 23:58

初めての小豆島!

一昨日、昨日と小豆島の離島、余島に行ってきました。
ロータリークラブライラの青年研修セミナーでの講演だったのですが、
講演前日のキャンプファイヤーが素晴らしかった。
歌って踊るといった催しではなく、静かに炎を見つめ、RCの方々の話を聞き、
どのような目的を持ち、どのように行動していけばいいのか
自分自身を見つめなおす素晴らしいプログラムでした。

私も参加させていただき、とても有意義な一時を過ごさせていただきました。
ただすごく寒かったので、風邪を引いてしまいました。

明日東京で講演があるので、体調(特にのどが痛い)を回復させようと
今はちみつレモンを自分で作って飲んでいます。

c0162404_117340.jpg

小豆島からまた小船に乗って一路余島へ

c0162404_118443.jpg


c0162404_11212717.jpg

2時間半の講演でしたが、皆様熱心に聞いてくださいました
[PR]
# by yangjin1 | 2009-03-29 11:11

事故!

今週も結構ハードなスケジュールでした。

お彼岸の時期ですので、
お寺にお招きを頂くことが多かったのですが、
昨日も広島県の呉市にあるお寺に行ってまいりました。

このお寺は、2002年にご縁を頂いてから、
学校建設のほうにも、ずっと大きなご支援を頂いています。
今回は5年ぶり3度目のコンサートでした。

皆様と再会するのを、
本当に楽しみにしておりました。

お寺に着いたときは、婦人会の皆様が、
すでに待っていてくださいました。

ちょうどお昼頃でもありましたので、
私の大好きなおうどんをご馳走するため、
ある名店に連れていってくださる予定でした。

しかし、その途中で、なんと事故に遭ってしまいました。

右折同士の接触事故でした。

相手は左側のことばっかり気にしていたようで、
目の前に来ている私たちの車に気がつかず
いきなりぶつかってきました。

近距離なのに、すごい衝撃でした。
運転席側のドアの窓ガラスが割れ、
車中に飛び散ったくらいです。
そのうえ、ドアが開かなくなって、
後で、かなり凹んでいるドアを見て、
本当にびっくりしました。

あまりの勢いで、
運転席の後ろにいた私は、
思い切り頭を窓にぶつけてしまいました。

ものすごーく痛かったです!!!

最初はふらふらしたり、吐き気もしましたが、
30分も過ぎると、少しずつ落ち着いてきました。

幸いなことに、こちらも相手も大きな怪我をせずに
済みました。

普段はお寺に着いてから、必ず
第一に仏様にお参りするのですが、
昨日は、あまり婦人会の皆様をお待たせしても悪いので、
お昼を取って帰ってきてから、お参りしようと思いました。

その後お寺を出て、すぐに事故に遭ってしまい、
やはり仏様のお参りよりも先に食事をするなんて
絶対にしてはいけないのだなあとあらためて反省しました。

現場検証でリハーサル時間も気もとられてしまいましたが、
それでも、なんとか無事にコンサートが終えることができて
本当によかったです。合掌です。
[PR]
# by yangjin1 | 2009-03-22 23:44

感動の旅!

昨日と今日は、
大分県中津市に行ってまいりました。

主催者の中津青年会議所の皆様には
本当にお世話になりました。
心から感謝申し上げます。

会員様のほぼ全員が私より若かったのも
少々びっくりしましたが、
その大変親切で丁寧な姿勢には
本当に感激いたしました。

大分空港からは車で一時間以上もかかりますが、
なんと送り迎えとも、理事長様を初め、
3名の方々が来てくださいました。

また開演前の入場は、客席全員が起立して
迎えてくださいました。
今までは講演が終わった後
よくスタンディングオベーションを受けたことはありましたが、
最初からこのような丁寧な出迎えは大変少ないです。
講師としてはやはりうれしいものです。
もちろん、同時にプレッシャも感じますが・・・

皆様が一致団結して故郷をよりよくしよう
という志がぐんぐんと伝わってきました。
本当に感激と感動をいっぱいいただきました。

これからも皆様のご活動を見守りたい、
そして、心から応援したいと強く思いました。

素晴らしいご縁を頂き、
本当にありがとうございました。

c0162404_233230100.jpg

大分空港で機内預けの荷物を待っていると、有名な海老寿司が・・

c0162404_2333143.jpg

地元の料理屋“朱華”で昼食をごちそうになりました。
料理はもちろん美味しかったですが、器もとてもおしゃれで
すばらしかったです。

c0162404_2334864.jpg

私の大好きな福澤諭吉先生の旧居もお伺いしました。

c0162404_23333112.jpg

福澤先生が勉学に励んだ土蔵も見学させていただきました。
暗くて狭い室内にびっくりしました。

c0162404_23343537.jpg

講演会は主催者のご尽力のおかげで、たくさんの方々にお越しいただきました。
[PR]
# by yangjin1 | 2009-03-19 23:29