人気ブログランキング |

バイマーヤンジンの日記です


by yangjin1
カレンダー

なぜか悲しいです!

今回の朝青龍が起こした問題は、
世間ではそう簡単に許されないだろうとは
最初から思っていました。

しかし、
引退まで追い込まれるとは思ってもみませんでした。

私の考えが甘かったのか。
それとも世間があまりにも冷たかったのか。

とにかく驚きました。

今は寂しい思いでいっぱいです。

いつも講演では冗談で
朝青龍のことをいろいろと言っていますが、

実は結構尊敬しています。

日本の歴史ある伝統文化の頂点に立ち、
あれだけの成績を残しました。

どれほどのご努力とご苦労があったことでしょう。

また自分の民族、国家の名声を
あれほど高く押し上げ、広く世に知らしめました。

国民に誇り、特に若者には希望を与え、
本当に素晴らしいです。

私はこの目で実際に何度か見たことがあるのですが、
彼の親孝行ぶりも、また素晴らしいものでした。

同じ異郷の地に身をおいている者として
私も今まで一生懸命
親孝行とふるさとへの恩返しを
してきたつもりですが、

彼の足元にもおよびません。

とくに20代の頃の自分と比べてみると
恥ずかしいぐらいです。

このような結果になり、
本当に残念でなりません。

ところで、
彼の問題としてずっと問われてきたのが
「横綱の品格」ということでしたが、

私にしては、理解しがたいこともあります。

例えば
横綱が勝った場合、ガッツポーズをとるのが
いけないとしても、

横綱が負けた場合、
客席から飛んでくるあの座布団は
いったいなんなんでしょう??

普段ならば
女性も踏み込んではいけない聖地(土俵)なのに
横綱が負けたとたん

今までさまざまな人、それも長時間に亘り
お尻の下に敷いていた座布団が
土俵の中に、それも横綱の頭のうえを飛んでいくのです。

その座布団を投げておられるのが、
わざわざ会場まで足を運び、見に来ていた
相撲大好きなファンの皆様です。

横綱だけに品格を求めるのはどうかと思いました。
・・・・・・・

以上の私の考え方に、主人が異論を唱えました。

「大相撲は日本人にとって国技と考えられている。
横綱になる人物は心技体ともに人の模範とならなければいけない。
僕も朝青龍とあったことあるし、好意は持っていたが、
一般人を殴ったことは間違っている」と。

もしそれが事実であれば、
夫が言っていることは確かに一理あるのですが、

それでも、日本の相撲界にとっても、
これから若い日本人力士のハングリー精神を育てる意味でも
彼はとても必要な存在だったのではないかと思います。
# by yangjin1 | 2010-02-05 23:57

秋田での2日間!

北都銀行様のお招きを頂き、
昨日、今日と秋田県に行ってまいりました。

「北都中央会」と申しまして、
地元のそうそうたる企業の経営者様200名が対象でした。

c0162404_0355513.jpg














ホテルの玄関には大きな看板がかかっていました。

「たくさんの講師陣から、私を選んで頂きましたから、
主催者様の期待以上に結果を出したい」という一心でした。

会場に入る前、思わずお祈りまでしてしまいました。

c0162404_0383535.jpg













この写真をご覧頂ければ、私がどれだけ緊張したか
充分想像をして頂けると思います。
参加者は、秋田県の経済を支えておられる企業、団体のトップの方々です。

結果としては、私にとっては反省すべきことが多い講演となりましたが、
参加された皆様は優しかったです。

講演後、すぐに懇親パーティに出席させていただいただのですが、
たくさんの方が若輩者の私の席までお越しくださり、
「昔、貧しかった時代の日本、死に物狂いで働いた若い頃を
思い出させていただいた。明日からがんばろうという気持ちになり、
力が湧いてきた。ありがとう!」
とおっしゃっていただきました、

主催者様に促されて、パーティの席上で日本唱歌「ふるさと」を
歌わせていただきましたが、そのあとある役職の方が壇上のご挨拶で、
その「ふるさと」に触れ、これは人類の心であると
おっしゃっていただいたときには、私自身も感無量になりました。

北都中央会の皆様、本当にありがとうございました!

秋田は昨日も今日も雪が降りました。

c0162404_0404547.jpg













私はやっぱり雪景色も大好きです。
故郷チベットを懐かしく思い出しますから。
寒さ厳しいゆえに春が待ち遠しいのですが、
その分、春がやってくると喜びもひとしおです。

c0162404_0424841.jpg













大阪に戻る飛行機から撮った富士山です。
写真では遠すぎてわかりにくいですが、でも美しかった。
いつか絶対に訪ねてみたい私の心の聖地のひとつです。
# by yangjin1 | 2010-02-04 23:35

昨日、今日、明日

昨日は12年ぶりに
大阪西ロータリークラブ様にお招きを頂き、
第2500回!!例会の卓話をさせていただきました。

世代交代でしょうか?
12年前と比べると、
半数以上が新しいメンバーになっていました。

新しい出会いはもちろん大変嬉しかったのですが、
ご退会された昔のメンバーの皆様の現状も
とても気になってしまいました。

もうひとつ、とても驚いたことがありました。
なんとうちの近所、それも自宅の隣の家のご主人様が
このクラブの会員になっていらっしゃったのです!!
そのため、卓話はなぜか妙に緊張して大変でした。

実はこの方は会社の経営者でありながら、
シンガーソングライターとしても
ライブハウスなどで本格的に活躍されておられます。
FM千里のDJとして、ご自分の番組も持っておられる
すごい方です。
ブログもされておられますので、是非ご覧下さいませ。


今日は愛知県一宮市で、2回講演をさせて頂きました。

午後1時半からは
一宮市立小信中島小学校の5,6年生とPTAの皆様を対象に、
夕方は
一宮紙原料株式会社の社員と地元の皆様に対して
講演をさせていただきました。

昨日から雨が降っていたので、気温がかなり下がり、
体育館は本当に冷え込んでいました。

最初はとても心配をしました。
こんな状況の中で、
それも1時間半という長時間の話を
ちゃんと聞いてくれるのかと。

しかし、心配は無用でした

本当に明るくて、素直で素晴らしい子供ばっかりでした。

この子供たちからは大変希望を感じ、
話している私まで幸せな気持ちにさせて頂きました。

今日の主催者、一宮紙原料株式会社様とのご縁は
昨年社長様、常務様、専務様が、別の会合で
私の話をお聞きいただいたことがはじまりです。
それで、
「この話は是非自分の社員と地元の人達にも聞いて欲しい」
と呼んでいただきました。

自分から言うのもおかしいかもしれませんが、
そもそもあまり馴染みのないチベット、
そのうえ名前も知らない若輩の私の話に耳を傾けてくださり、
感動をして、もう一度聞きたいと思ってくださる方は
かなり真面目で、極めて心のきれいな方だと思います。

私自身もいつも素晴らしい出会い、ご縁に恵まれて、
本当に感謝の一言です。ありがとうございます。

明日からは、秋田に一泊二日で行ってまいります。

別件ですが・・
以前取材していただいた月刊誌WEDGEから
2月号に掲載した私の記事をウェブマガジンにも
UPしたと連絡がありました。
まだご覧になっておられない方は
こちらへどうぞ。
# by yangjin1 | 2010-02-02 23:00

感動の連続!

昨日は名古屋にある
明治チューインガム株式会社様の創立50周年で
講演をさせていただきました。

c0162404_09342.jpg













新幹線のホームにて、部長様と課長様じきじきに
お出迎えいただいただけでも十分恐縮しましたが、
開会前、会場に講師として入場した私を
320名の社員の皆様とご来賓の皆様が全員起立して
迎えてくださいましたことにとても驚き、
同時に大変感動しました。

退場する時も全員起立して、お見送りくださいました。
本当に感謝の気持ちで、いっぱいになりました。


今日は和歌山県日置小学校に行ってまいりましたが、
こちらもまた校長先生をはじめ3名の方々が
ホームまでお迎えに来てくださいました。

私みたいなものに、
これほど優しく親切に接していただき、
申し訳なく思いましたが、
日本人の品格には、さらなる尊敬の念を抱きました。

新しい体育館ができて、まだ授業もしていない中、
初イベントとして、私をお招きいただいたそうです。

c0162404_0111145.jpg













校長先生をはじめ、育友会の皆様、本当にありがとうございました。


日にちが前後しますが、
28日の夕方、ちょっと時間がとれましたので、
昔からずっとお世話になっている方のお誘いで、
大阪の高島屋で開催されている
「美しき地球、麗しの菩薩」あだち幸展(友禅画)を
鑑賞してまいりました。

c0162404_0134156.jpg













あだち幸先生と

チベットのタンカとは違って
色彩的にはシンプルでしたが、筆の運び方は非常に繊細で
本当にやさしくて、心あたたまる絵ばかりでした。

2月2日までされてますので
皆様も是非一度ご覧になられてはいかがでしょうか。
きっと感動すると思います。
# by yangjin1 | 2010-01-31 23:07

なぜか忙しい

書きたいことはたくさんあるのですが、

ここ2日間は取材と打ち合わせ、
咳き込んでいた息子の世話
(おかげさまで、ほぼ治りました)
で、なかなか更新できませんでした。

申し訳ございません。

明日からまた講演が続きます。

それも明朝は7:30新大阪発の新幹線で、
名古屋に行かなければなりません。

のどのため、少しでも長く睡眠をとろうと
思います。

おやすみなさい。
# by yangjin1 | 2010-01-29 22:56