人気ブログランキング |

バイマーヤンジンの日記です


by yangjin1

家族旅行!

5月3日のコンサートを終えたあとも休まずに
コンサート、講演と各地を回ってきました。

本来は14、15日も講演の予定が入っていましたが、
他の日に移動になったため、
4日間も連休ができてしまいました。

それで、私と母の疲れを癒すため、
主人の提案で、
沖縄へ家族旅行に行ってきました。

息子を授かってから、
二度目の家族旅行になりました。

沖縄を選んだのは、
季節的に一番いいのではないかと思ったのと、
もうひとつは
母が宮崎から南へ行ったことがなかったからです。
その宮崎もなんと50年前の新婚旅行で
行ったきりだそうです。

ゴールデンウィークの後で
安くいけると思っていたのですが、
出発日の10日前に申し込まなければ、
パックツアーにできないため
航空運賃はほぼ正規料金になってしまいました。

私と母の疲れを癒すためと言っても、
やはりホテルも完全に4歳の息子に合わせて
選びました。

行ってきた感想はというと
時期が少し早かったなあということです。

行く直前に、沖縄は梅雨に入り、
風は強く、海の水も冷たく、
結局、私はほとんど海に入れませんでした。

また、旅行前半は曇り空、
昨日、今日はずっと雨で、
私達家族はほぼ毎日、ホテルの室内プールで
泳いで過ごしました。

おかげさまで、
私と息子の水泳も上達。
私はようやく水に浮くコツを覚え、
息子は水の中で目を開けれるように
なりました。

天候には恵まれなかった旅行ですが、
母からは
「今までの人生、いろいろと苦労をしてきたけれど、
こんなにも素晴らしい幸せが待っているとはね。
本当にありがとうね!」
と言ってもらい、
ああやっぱり来てよかったと
思いました。

息子もものすごく喜んでおり、
私もうれしかったです。
やはり優しい主人に感謝ですね!

今日の夕方、
無事大阪に帰ってきました。

明日午前には久しぶりに
大阪(ある小学校)でのコンサートです。

リフレッシュしましたので、
笑顔いっぱいでがんばります。
# by yangjin1 | 2010-05-15 22:02
私の携帯所持暦は13年ぐらいですが、
機種変更は、今日でやっと3回目です。

日本の電子市場の変化の早さにはびっくりします。

前の携帯のカメラの画素数はたったの130万なのに、
今はなんと1200万のもあるそうです。

機械に弱い私は本当についていけません。

でも、今まで日本全国回っているのに、
デジカメを忘れ、せっかくのシャッターチャンスを
逃してしまうことが多々ありました。

だから今日は思い切って、
800万画素の機種にしてもらいました。

使いこなすまでに何ヶ月かかるかわかりませんが、
訪れた場所を少しでも多く、
この日記で紹介できればと思っております。
# by yangjin1 | 2010-05-06 23:19

満員御礼!!

今回の私の来日15周年記念コンサートは
主催者であるダイナミックオーナズ会様の
第300回例会として開いていただきました。

皆様のおかげで、
超満員のお客様を迎え、
無事終了することが出来ました。

本当に幸せに思っており、
ありがたい気持ちでいっぱいです。

反省すべき点はたくさんありますが、
また20周年に向けて
大きな一歩を踏み出せたのではないかと
思っております。

ご尽力頂きました皆様、
わざわざご来場頂きました皆様、
本当にありがとうございました。
心より厚く御礼を申し上げます。

ホールの規制で音響室からでしか
写真を撮ることができませんでした。
あまり良く撮れてませんが、
コンサートの様子を
少しご紹介させていただきます。

満員御礼!!_c0162404_2382553.jpg















満場のお客様に感謝しながらも、緊張感いっぱいの開演でした!

満員御礼!!_c0162404_23105324.jpg















玉樹大地震に哀悼の意を込め、真白な民族衣装に、髪飾りもつけませんでした。
「祈りの歌」からコンサートを始めさせていただきました。

満員御礼!!_c0162404_2313446.jpg















満員御礼!!_c0162404_2316492.jpg















第2部はドレスに着替え、イタリア歌曲「愛の喜び」をはじめ、
中国、旧ソビエトの曲4曲を歌いました。

満員御礼!!_c0162404_23185948.jpg















休憩後の第3部は念願の着物姿!それも振袖で!!本当に嬉しかったです。

満員御礼!!_c0162404_2321189.jpg















尺八の第一人者であります三好芫山先生をゲストに迎え、
「リンゴ追分」に挑戦させて頂きました。

満員御礼!!_c0162404_23233495.jpg















第4部は故郷のアムドの衣装でチベット民謡を3曲、
最後は「上を向いて歩こう」で閉めくくりました。 

満員御礼!!_c0162404_23264645.jpg















衣装を着替えている間は、ピアニストの高瀬佳子さんが
素敵なソロ演奏で繋げてくださいました。
彼女にもとても感謝しております。

満員御礼!!_c0162404_23292649.jpg
















満員御礼!!_c0162404_23313462.jpg

















公演終了後は駆けつけてくださったチベット人の友人とも握手。
本当にありがとうございました。
# by yangjin1 | 2010-05-04 23:37
おかげさまで、一週間前には
全てのチケットが完売いたしました。

しかし、今日もお問い合わせのお電話が
絶えませんでした。

本当にありがたいです。

本番までのわずか2日を、
精一杯頑張って練習し、
応援に駆けつけてくださった皆様に
応えたいと心から思っております。

今朝早く打ち合わせのため、
ピアニストの家に行ってきました。

今まで何回か練習を重ねてきましたが
なおいろいろと課題が残っており、
本当は少しあせっております。

周りの音楽関係の友達からは
「普通こんな大きなリサイタルを控えているなら
準備に集中するため、少なくとも10日前からは
他のお仕事を一切入れないものだよ」
と言われてしまいました。

けれども
バイマーヤンジンの話を聞きたいと
思っていらっしゃる主催者様がいれば、
とてもありがたくて、お断りするなんて
私には絶対にできません。

ですから、私は昨日まで
ぎっしりと講演のお仕事をしてきました。

でも、今日からはすべての時間を
練習のために使います。

とにかく、全身全霊でがんばります。
# by yangjin1 | 2010-04-30 23:16

私の田舎の家造り

阪神淡路大震災のときは
火災による被害が大きかったですが、

四川大地震と今回の玉樹大地震は
どちらかというと家屋の倒壊が
一番被害をもたらしました。

日本のマスコミは
日干し煉瓦は脆いといいますが、
実は、私の田舎でも玉樹でも
日干し煉瓦の家はまだましなほうです。

今までは、ほとんどの家が
粘土を積み上げて壁にしていました。

日本に来た15年前は
私の実家もそうでした。

震度7の地震のどころか
震度4でもたぶん倒れるような脆さです。

もし今後このような地震があった時、
我々はどう対応したらよいのか
私なりに考えてみました。

やはり今までなかった防災意識を
しっかり持つことが最も重要だと思いますが、
それに加えて住宅建築に関しての専門知識、技術を
身につけた建築業者を育てること、
また建物の耐震基準を厳しくすることも
大切だと思いました。

あとはもちろんその専門業者さんに
頼めるほどの経済力をもつこと。
いわゆる生活も豊かにならなければ、
命を守れないのかもしれません。

これまで地震とは無縁だと思われていたところで
地震が起きるようになりました。

今までと違って、家は防寒だけのためではなく、
なによりも安全性を考慮しなければいけない時代に
なったのではないかと思います。

私の田舎のチベット様式の家屋の建て方ですが、
手元に何枚か写真がありましたのでご紹介します。

私の田舎の家造り_c0162404_0241764.jpg















村人総出で家を建てるのを手伝います。
まず柱を二列に並べて立てていき、
その内側に二列の板を這わせて溝を作ります。

私の田舎の家造り_c0162404_0284342.jpg














私の田舎の家造り_c0162404_0304385.jpg














粘土を掘り出し、カゴに入れます。

私の田舎の家造り_c0162404_0324336.jpg


















私も小さい頃よく粘土を運ぶのを手伝いました。

私の田舎の家造り_c0162404_0343599.jpg















その粘土を板で囲った溝に詰めていきます。

私の田舎の家造り_c0162404_0365793.jpg













私の田舎の家造り_c0162404_0385674.jpg


















一段目を詰め終えると、上にまた板を並べ、
粘土を詰めていきます。

私の田舎の家造り_c0162404_041883.jpg















詰めた粘土を突き固める作業は最も重要です。 

私の田舎の家造り_c0162404_0453639.jpg













私の田舎の家造り_c0162404_0484396.jpg











これだけたくさんの人々が働く姿は圧巻です。
天気がよければ、大きな家でも
一日で壁ができてしまいます。
 
このようにして、私の田舎では
昔から人々が助け合って家を建ててきました。
けれども、四川や玉樹のような大地震が起これば
これらの建物はひとたまりもありません。

今までは地震がなかったので、それでもよかったのですが、
これからは、例えば伝統建築は活かしつつも、
強度を高める新しい方法を絶対に考えなければならないと
思います。
# by yangjin1 | 2010-04-27 23:21