人気ブログランキング |

バイマーヤンジンの日記です


by yangjin1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日と明日は東京にいますが、
ニュースから見る玉樹のことが心配でたまりません。

被災地の人々がこんなにも苦しんでいるのに
「外国の救援隊はいらない」って
どういうことでしょうか?

中国政府の考え方が理解できません。

私は、救援に素晴らしい技術を持っている
日本に助けてほしいと強く願っております。

温家宝首相の現地入りはありがたいですが、

被災地の人にとっては、精神上の慰めよりも、
一人でも多く命を瓦礫から助け出してほしいと
思っているはずです。

それなのに
こんなにもひどい天災に見舞われているのに、
いろいろな打算が入ってくるなんて。

被災民の気持ちを考えると悔しいし、悲しいです。

私は涙を流すことと祈ること以外に
なにができるのでしょうか?
# by yangjin1 | 2010-04-15 23:44

またもや地震

またまた地震がチベットを襲いました。
本当に悲しいです。

震源地のところは
私の田舎では(アムド語)ジェルグと言いますが、
中国語では玉樹といっています。

昼からずっと実家を通して情報を得ていましたが、
午後8時頃やっと直接現地と連絡が取れました。

親戚の家族の命は助かりましたが、
私が会ったことがない遠い親戚の中では
4人が亡くなったそうです。

家が全壊したため、
いまは町の広場に避難しているそうです。

朝から水も食べ物も口にしていないとのことで、
テントも無く、風が非常に強くて寒いとも言っていました。

その中でも一番辛いのは
町中から聞こえてくる叫び声、泣き声だそうです。

本当にかわいそうです。

どうしたらいいでしょうか?

なんにも役に立たない自分が悲しいです。

一分一秒でも早く救助隊が現地に入って、
一人でも多くの命が助かることを祈っております。
# by yangjin1 | 2010-04-14 22:54
一昨日はある会社様の全国大会にお招きを頂き、
金沢に行っておりました。

普段なら、1000名未満のホールでしたら
それほど大きいという感じはしないのですが、

ホテルの宴会場、それも円卓で、
620名のお客様がいらっしゃると、
かなりの迫力!圧倒されそうになりました。
かなり緊張しました。

若い社員の方も多かったのですが、
よくあんなに熱心に聞いてくださったと
とてもありがたく思いました。

その講演を終えると、すぐに福井に向かいました。
ピアニストの高瀬さんと合流し、
芦原温泉の「灰屋」という素敵な旅館で
一泊させていただきました。

昨日は「ブッディストフェスタ in サカイ 2010」という
福井県の一部地域の浄土宗檀信徒大会で
コンサートをさせて頂きました。

私が歌う前に、あるお寺のご住職先生がご講演をされたのですが、
びっくりしたのは、この先生は71歳になっているのにもかかわらず、
なんとシャンソンを歌うのでした。

「え!?仏教のお坊さんがシャンソンを歌う!???」
最初はちょっと理解ができませんでした。

しかし、聞いてみると、お話も歌もとてもうまくて・・・
それもトークandコンサートのような感じでした。

え!!!形式が私とダブルやん!!!と思っているうちに、
妙な緊張感に襲われました。

けれども、本当に素晴らしいお客様に恵まれましたので、
なんとか成功裏に終えることが出来ました。

感謝、感謝です。

大阪に帰る電車の中で、緊張が解けたのでしょうか、
かなり疲れを感じました。

家に着いたら、息子が走ってきて、
「ママ、お手紙、どうぞ!!」
「え!本当!?」って見てみたら
渡されたメモ用紙の上に
うれしかった!疲れがとんだ!!_c0162404_237429.jpg













って書いてありました。
ほんとに涙が出るほど嬉しかったです!

息子を抱き上げて
「うれしいなぁ。ママ、幸せだなぁ!ありがとう!
でも、これって本当にえいしん君がかいたの?????」
って聞いたら、

「そうだよ、えいしんとパパが合体して書いたよ!」
って、真剣な目でいうのでした・・

それでもうれしいよ!本当にありがとう!
ママのパパと息子!
世界一大好きだよ!!!
# by yangjin1 | 2010-04-12 23:11

3回目の沖縄!

この度は、沖縄で行なわれました
MDRT日本会様の40周年大会にお招きを頂き、
行ってまいりました。

各生命保険会社様のトップセールスマン、
セールスレディのお集まりで、
この会員になるのは非常に難しく、
業界でもひとにぎりの方々だけだそうです。
そのような素晴らしい皆様に講演させて頂いたことを
とても光栄に思っております。
本当にありがとうございました。

3回目の沖縄!_c0162404_22344426.jpg













今回のすてきなご縁を頂いた実行委員の山谷しづえ様です。
心より感謝致しております。

3回目の沖縄!_c0162404_22355882.jpg













全然上手に撮れていないのですが、講演風景です。

3回目の沖縄!_c0162404_2237559.jpg













運営委員会の山本会長様です。
大変失礼なことかもしれませんが、
実は、この山本会長様は私の2番目の兄にそっくりです。
お顔も、スタイルも、メガネをかけていることも・・・
本当に驚きました。
ただ兄はここまでおしゃれではないですが、
それでも百倍の親近感がわきました。
本当にうれしかったです。

今日帰ってきたばっかりですが、
明日また金沢、福井と一泊二日で行ってきます。
息子とまた離れるのは寂しいですが、
がんばってまいります。
# by yangjin1 | 2010-04-09 22:39

私はどうしたの?

近年(正確にいうと息子が生まれてから)の私は、
とにかく、すごく涙もろくなってしまいました。

ただ単に年を取ってしまったのでしょうか。
それとも人生経験が増えたことによって
より一層感情が豊になったのでしょうか。

最近の講演会もそうですし、
昨日のコンサートもそうでした。
話をしている最中や歌いだしたとたん、
急に涙が出てきたり、
感情をコントロールできなくなってしまう時があります。

特に、最近の出来事が私の涙をさそいます。

一ヶ月前、5月3日の記念コンサートを決めた次の日に、
軽い気持ちでチベットにいる家族にそのことを伝えました。

それからしばらくして、姉に電話をしましたら、
「しっかりがんばってよ!
お母さんがあたなのコンサートの成功祈願のため、
自分の貯金をすべて引き出して、
村中のお坊さんにお祈りをしてもらっているんだよ!」
と言われました。

それを聞いて、思わず大泣きをしてしまいました。

貯金といっても、母は決して裕福ではありません。
それはきっと我々兄弟が毎月母にあげたお小遣いを
こつこつ貯めたものです。

母の私への深い愛情に、
感激と感謝の気持ちをはるかに超えて、
なぜか申し訳なくて、ただただ泣くばかりでした。

昨日のコンサートでも、
「かあさんは夜なべをして」と歌いだした瞬間、
母への思いが溢れ出して、歌えなくなってしまいました。

本番というのに、プロになりきれてない自分に、
苛立ちを覚えるほどでしたが・・・

私の場合は、兄弟の中でも、
一番贅沢な思いをしてきたのではないかと思っています。
初めて高校に通わせてもらったことや、
無事に大学を卒業できたことなど、
すべて親と兄弟の無限の愛情に支えられたからこそ
できたことです。

そして、その後はまた、日本という親にとっても
とてつもなく遠くて、未知な世界に嫁いでしまい・・・
家族には心配ばかりかけてきました。

だからこそ、すこしでも恩返しをしなければと
常に全力でがんばってきました。

しかし、やはり親の子に対する心配は
尽きることがありません。

私が母への恩返しと思っていても、
けっして恩返しをしきれることはないのです。

涙、涙、涙になってしまうのは、
やはりそういうことを悟った証でしょうか。
# by yangjin1 | 2010-04-06 23:25